画像

写真拡大

 WACULは、電通デジタル・ファンドとジャフコの2社から資金調達を行った。今後電通グループとの業務提携も視野に入れている。

 Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」を提供するWACUL(ワカル)は、電通デジタル・ファンドとジャフコの2社を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額3.5億円を調達した。

 今回の調達で得た資金は、「AIアナリスト」のサービス向上や新たな技術開発に充てる予定。また電通デジタル・ファンドからの資金調達に関しては、広告・メディアに関するデータを持つ電通グループとデータ分析に強いWACUL、両社の強みを活かした業務提携までを視野に入れている。

MarkeZine編集部[著]