Appleが『Ultra Accessory Connector(以下UAC)』と呼ばれる、新しい規格を準備しているとウェブサイト『9to5Mac』が報じています。

Ultra Accessory Connectorとは?

8つのピンからなるコネクタで、サイズは2.05×4.85ミリ。『MacBook』に採用されているUSB-Cよりもわずかに厚く、Lightningコネクタよりも幅が狭いとされます。

ウェブサイト『Ars Technica』によれば、UACはすでに『Ultra Mini Connector』や『UC-E6』という規格として出回っているそうです。

Appleはこの規格をMFiプログラムに追加することで、UAC搭載アクセサリをMFiの規格に準じた製品として認める方針だと報じられています。

MFiって何?

MFiは『Made for iPhone』・『Made for iPad』・『Made for iPod』の略称で、それぞれの製品に適合するよう、Appleが示す基準を満たした製品であることを示すものです。

MFiの規格に準じていれば、iOSのアップデートなどがあっても、そのアクセサリは継続して使うことができるとされています。
Lightningケーブルのパッケージにある「MFi認証」ってなんだ?

どんなアクセサリが登場するのか?

たとえばワイヤレスヘッドホンの充電・通信用のコネクタとしてUACが使われる可能性が指摘されています。

さらにこうしたアクセサリとiPhone・Macを繋ぐためのUAC-LightningケーブルやUAC-USB-Cケーブルなども登場するかもしれません。

iPhoneのコネクタは変わるのか?

『iPhone 5』から『iPhone 7』までのモデルでは充電・同期に使うコネクタとしてLightningを採用しています。

このLightningコネクタがUACに置き換わることはあるのでしょうか。

Ars Technicaは、UACはアクセサリに搭載されるもので、iPhoneやiPadにコネクタとして搭載される可能性は低い、と報じています。

参考

Apple plans new smaller Ultra Accessory Connector (UAC) for Made-for-iPhone accessories | 9to5MacApple’s “new” UAC port wasn’t made by Apple, and it isn’t new | Ars Technica