写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Android版の「Google Maps」アプリに、近くのレストラン/カフェの情報やリアルタイムの通勤情報に素早くアクセスできる機能が追加される。

新機能は2月6日(米国時間)にロールアウトが開始されており、使用できるようになるとホーム画面の下部分に「場所」「ドライビング」「乗り換え」などのタブを切り替える3つのボタンが表示され、スワイプアップするとタブが開く。

場所タブでは、近くのレストランやカフェ、グローサリーストア、ATM、ガソリンスタンド、薬局などを確認できる。「ディナーのおすすめ」や「ビジネス向けダイニング」など、キュレーションされた情報も表示される。

ドライビング・タブには、渋滞や道路工事など交通状況の情報のほか、自宅や職場を登録してあれば、帰宅や通勤にかかる予想時間が表示される。ドライビングモードへの表示切り替えも用意されている。

乗り換えタブには、最寄りの駅やバス停の交通機関の情報が表示され、自宅や職場を登録してあれば、通勤に使う交通機関のリアルタイムの情報を確認できる。

(Yoichi Yamashita)