本命の彼女がいるにもかかわらず、ほかの女子とご飯に行ったり飲みに行ったりしている男子って、いったいなにを考えているのか? 浮気したいの? 私のことすきじゃないの?
いろいろと不安になってしまう女子のために、今回は本命の彼女がいてもほかの女子とご飯に行く男子の意見を見ていきたいと思います。



1.ただの息抜きです


本命の彼女とずっと一緒にいたら、彼女に対してあれこれと気遣いをしちゃうのでちょっと疲れるんですよね……だからたまには、ほかの女子と遊びに行くんですよね……こんな男子の証言がありました。
ほかの女子のことが好きというわけではなく、単なる「休憩時間」としてほかの女子と遊ぶということのようです。

本命の彼女って疲れる存在なの?


男子にとって、本命の彼女は疲れる存在なのか? と言えば、おおむねそうなのかもしれません。本命の彼女とたまに会ってキラキラしたデートを楽しむだけ、という交際であれば、本命の彼女と一緒にいても、さほど疲れないでしょう。デートじたいが非日常なので。
でも、パートナーと頻繁に顔を合わせているカップルはよくご存じだと思いますが、相手が自分の日常に入ってくると(そしてあなたが相手の日常に入り込んでしまうと)、どうしても息が詰まりそうになるときだってあるでしょう。親子関係がその好例では?
だから、息抜きでほかの女子と遊びに行く彼を見て、彼女であるあなたは、「ほかの女子に感謝」しておくといいのではないでしょうか。
ほかの女子が息抜き役をしてくれることで、彼と必要のないケンカが減る……こういう効用だってありますよね。

2. 「やっぱり本命の彼女が一番」と再認識したいのです


ほかの女子と遊びながら「やっぱり本命の彼女がおれにとっては一番だ」という認識を新たにする……こういう男子もいるそうです。
本命の彼女とほかの女子を比較することで、「自分がいかに素晴らしい彼女とつきあっているのか」を再認識する彼……「いいやつ」ではないでしょうか。

彼はちゃんとあなたのもとに帰ってきます


どんなに歳を重ねたところで、やっぱり「隣の芝生は青く見える」ものです。
たとえば、たまに海外旅行に行って帰ってきて「なんだかんだ言っても、やっぱり日本がいい」と感じるのと同じことでしょう。
「やっぱり日本じゃなく海外がいい」と思って、海外に住み着いてしまう人が少ないように、あなたの彼だって、ちゃんとあなたのもとに帰ってくるので心配無用です。
帰ってこなかった彼のことは……旅行ってそもそも「帰ってくるから旅行」なわけで、帰ってこないというのは旅の本質とずれる話です。



3. いろんな果実をちょっとずつ食べたいのです


あまりに若い男子だと、かわいい女子を見ただけで下半身が暴れだすこともあるわけですが、そういう男子ばかりではありません。
なかには「かわいい女子と一緒にご飯を食べるだけで幸せ」と思っている男子だっています。手をつながなくても、キスをしなくても全然OK! ただかわいい女子と一緒にいるという事実だけで嬉しいという男子です。
そういう男子の中には「いろんな女子を、ちょこちょこと楽しみたい」と思って、本命の彼女以外の女子と遊びに出かけることも。

浮気の心配はないの?


このケースって、当然のように浮気の心配がついてまわると思いますが、浮気をする・しないというのはケースバイケースでしょう。
つまり、こういう男子って、「なによりもエッチが優先」とは思っていなくて、単純に「女子といる雰囲気」を楽しみたいと思っていることもあるからです。
ある種の女子が「女子どうしで遊んでいても、別れたあと、その子にどんな陰口を言われているかわからない」と思って、「だからどうせ遊ぶのであれば、同性とではなく異性と遊びたい」と思うのと同じです。
男の世界でよく言われることのひとつに「男は男がきらい」という言葉があります。だからたとえば、電車に「男性専用車両」が登場しても、そこに喜んで乗る男って少ないよね……たとえばこういう言い方につながります。

いかがでしょうか。
ハッキリ言ってしまえば、彼が女子と遊ぶというのは、かわいい話です。男が男としか遊ばないようになれば……その彼はきっと絶えず小さなストレスを抱えてしまって、彼女として大変かもしれません。
男が集まると、最後には仕事の話にしかならないのです。あるいは「女子がいる飲み屋にでも行こうか」となって、彼は散財しちゃうかもしれません。
ほどよく異性と遊ぶ男子は、そういう意味で健全なやつだったりもするのです。
(ひとみしょう)