世界的に人気を博すギタリスト

写真拡大

 “サムライギタリスト”として世界的に活躍し、アンジェリーナ・ジョリー監督作「不屈の男 アンブロークン」では俳優も務めたMIYAVIが、巨大な猿と人類の攻防を描いた「キングコング 髑髏島の巨神」にカメオ出演していることがわかった。第2次世界大戦中の日本人戦闘機パイロット、グンペイ・イカリに扮する。

 「アベンジャーズ」シリーズのトム・ヒドルストン、「ルーム」でオスカーに輝いたブリー・ラーソン、「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」のサミュエル・L・ジャクソン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジョン・C・ライリーが顔をそろえたアドベンチャー大作。舞台は1973年。未知の生物を求めて謎の島・髑髏島(どくろとう)に潜入した調査遠征隊が、キングコングをはじめとした巨大生物たちと死闘を繰り広げる。

 MIYAVIは、映画の序盤に当たる重要なシーンに登場し、空から髑髏島にパラシュート降下するほか、銃や刀を使った激しいアクションに挑戦。出演した感想を「今回、アクションを含めたカメオ出演をさせていただきました。サミュエル・L・ジャクソンやジョン・C・ライリーのような素晴らしい俳優と一緒に仕事ができ、大変光栄でした。また監督のジョーダン(・ボート=ロバーツ)とは年も近く、彼にとって大事な作品に関わることができ、うれしく思っています。ファンの方には歴史あるエンターテイメント作品の進化版として楽しんでもらえればと思います」と語っている。

 MIYAVIは、ギタリストとして木村拓哉主演「無限の住人」(4月29日公開)の主題歌を手がけているほか、俳優としてはジョー・シル監督「Stray(原題)」に出演し、「スーサイド・スクワッド」の福原かれんと共演する予定だ。

 「キングコング 髑髏島の巨神」は、3月25日から全国公開。