ドアノーの代表作「パリ市庁舎前のキス」 (C)2016/Day For Productions/ARTE France/INA (C)Atelier Robert Doisneau

写真拡大

 フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーの人生と創作に迫るドキュメンタリー「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒」の予告編が公開された。誰もがあこがれるパリのイメージを作り上げた写真家が、自らそのテクニックを語るインタビューが切り取られている。

 パリの庶民たちの日常をとらえた写真で高い評価を得たドアノー。1950年にアメリカの雑誌「LIFE」の依頼で撮影され、80年代にポスターとして発売となり世界中に広まった、代表作「パリ市庁舎前のキス」の撮影秘話や、当時の資料映像、親交のあった著名人による証言などにより、ドアノーの孫娘であるクレモンティーヌ・ドルディルが20世紀を代表する写真家の素顔に迫る。

 「パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー 永遠の3秒」は、4月22日から東京都写真美術館ホール、ユーロスペースほか全国で公開。