川崎フロンターレの「節分的異文化コミュニケーション」がおもしろい

写真拡大

沖縄キャンプを経て、現在は沖縄県で合宿を行っている川崎フロンターレ。

「節分」にあたる2月3日、ホテルでの愉快な様子をMF谷口彰悟が紹介してくれた。

鬼のお面を被り、選手の部屋を訪ねていくのはDF登里享平。

日本の文化を広めるべくまず向かったのは、GKチョン・ソンリョンのもとだ。

"japanese style"とドアを叩き豆を渡すと…チョン・ソンリョンから返ってきたのはなんとお菓子!節分というより、これはもはやハロウィン…。

それでも、鬼(=登里)に向かって優しく豆を投げるあたりにチョン・ソンリョンの人柄が出ている。

廊下で待ち構える登里は、次にMFエウシーニョと遭遇。しかし、今度はやや強めに投げられてしまい、ややビビってしまったのであった。

谷口によればこの映像は登里がプロデュースしたようで、「やべっちFC」の人気コーナー「デジっちが行く」も同様であったようだ。

DF武岡優斗はこんな対応。

ちなみに谷口によれば、 #まかれた豆は拾います とのこと。