マックィーンがクラッシュ! 今回はどんな物語が展開する?
 - (C)2017 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

 ディズニー/ピクサーの人気アニメ『カーズ』シリーズ最新作『カーズ/クロスロード』の日本公開が7月15日に決定、主人公マックィーンがクラッシュする瞬間を捉えた、彼の人生の岐路(クロスロード)を示唆するポスタービジュアルも公開された。

 2006年、車たちの世界を舞台に、自分勝手な新人レーサー、ライトニング・マックィーンが、たまたま迷い込んだ田舎町ラジエイター・スプリングスで人の優しさに触れ、本当に大切な事に気づいていく物語が世界中の感動を呼んだ『カーズ』。2011年の続編『カーズ2』では、日本が舞台のひとつとして登場し、新人から脂の乗ったレーサーとなったマックィーンが日本各地を走り抜ける姿も大きな話題を呼んだ。

 『クロスロード』では、これまで第一線で走り続けてきたマックィーンもベテランとなり、最新型の車に勝てない時代遅れのレーサーに。そんな状況に焦ったマックィーンはレース中の無理がたたって大きなクラッシュ事故を起こし、世間からも見放され自信喪失。脳裏に「引退」の2文字が浮かぶ彼の人生の岐路(クロスロード)を描き出す。

 過去2作を手掛けたピクサーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーでもあるジョン・ラセターは、本作について「物語はとても感動的で『カーズ』に少し似ていて、さらに深い感情に入り込んでいくものなんだ」と証言。また、ラジエイター・スプリングスの住人でマックィーンの成長に大きな役割を担ったドック・ハドソンとの関係も物語の鍵になるといい、「とても特別なストーリーで、感動的で、マックィーンとドック・ハドソンの関係や、彼のドック・ハドソンの思い出も描かれているんだ」と語っている。

 本作の監督を務めたのは、同シリーズでストーリーボードアーティストを担当したブライアン・フィー。その手腕にはラセターも「ブライアンはオリジナルストーリーから関わっているから、この作品のDNAについて完全に理解しているよ」と太鼓判。大きな挫折を経験したマックィーンは、走り続ける事ができるのか? ディズニー/ピクサーならではの、人生で壁にぶつかったときの「次の一歩」を描く感動のストーリーにも期待したい。(編集部・入倉功一)