写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ディズニー/ピクサーが手がけるアニメーション映画「カーズ」シリーズの最新作が、『カーズ/クロスロード』の邦題で7月15日に日本公開されることが6日、明らかになった。

2006年の『カーズ』で、自信過剰な新人レーサーとして登場したスポーツカー、ライトニング・マックィーン。自分勝手だった彼が、田舎町「ラジエーター・スプリングス」に迷い込んだことで人の優しさに触れ、本当に大切な事に気づいていく物語は、世界中を感動させた。また、2011年の『カーズ2』では、日本が舞台の1つに選ばれ、脂の乗ったNo.1レーサーのマックィーンが日本各地を走り抜け話題となった。

そして本作『カーズ/クロスロード』では、これまで華々しく第一線で走り続けてきたマックィーンもベテランとなり、最新型のレーサーに勝てない時代遅れのレーサーに。そんな状況に焦ったマックィーンはレース中に無理をして大きなクラッシュ事故に遭い、世間からも見放され自信喪失してしまう。彼の脳裏には、この時すでに「引退」の2文字が。まさにマックィーンの"人生の岐路(クロスロード)"を描いた物語となる。

前2作を監督し、本作では製作総指揮を務めるジョン・ラセターは、「ライトニング・マックィーンは最高だ。物語はとても感動的で『カーズ』に少し似ていて、さらに深い感情に入り込んでいくものなんだ。『カーズ/クロスロード』はとても特別なストーリーで、感動的で、マックィーンとドック・ハドソンの関係や、彼のドック・ハドソンの思い出も描かれているんだ」と明かす。また、本作に込められた思いを表した邦題について、「作品のテーマを捉えている」と気に入っているという。

さらに、『カーズ』『カーズ2』でストーリーを手掛け、本作で監督を務めるブライアン・フィーについても、「ブライアンはオリジナルストーリーから関わっているから、この作品のDNA について完全に理解しているよ」と太鼓判を押している。

このたび、マックィーンがクラッシュしている様を描いた衝撃的なポスタービジュアルも公開された。「終わりか、始まりか?」という意味深なキャッチコピーが添えられている。

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.