武漢郵電科学研究院は4日、中国初の560Tb/s超大容量波長分割多重伝送方式(WDM)及び空間分割多重方式(SDM)光伝送システムの実験に成功したと発表した。資料写真。

写真拡大

武漢郵電科学研究院は4日、中国初の560Tb/s超大容量波長分割多重伝送方式(WDM)及び空間分割多重方式(SDM)光伝送システムの実験に成功したと発表した。この光ファイバーは67億5000万組(135億人)の同時通話を可能とし、これは中国が「超大容量・超長距離・超高速」光通信システムの研究分野で、新たな段階に進んだことを意味する。新華社が伝えた。

今回の実験では、独自の知的財産権を持つシングルモジュール7コア光ファイバーを伝送物質として採用。これは一般的な光ファイバーと異なり、7本の光ファイバーを一つにしたような構造となっている。武漢郵電科学研究院の責任者は「光ファイバー情報伝送を高速道路とするならば、一般的な光ファイバーは1車線で、後者は7車線となり、7倍の伝送能力を持つ」と説明した。今回の実験に成功した同システムは、世界トップ水準に達している。(提供/人民網日本語版・編集/YF)