5日、韓国メディアによると、同日午後7時ごろ、韓国・仁川発ベトナム・ダナン行きの大韓航空機の非常口ドアが強制的に開けられる騒ぎが起きていたことが分かった。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は大韓航空機。

写真拡大

2017年2月5日、韓国・ソウル新聞によると、同日午後7時ごろ、韓国・仁川発ベトナム・ダナン行きの大韓航空機の非常口ドアが強制的に開けられる騒ぎが起きていたことが分かった。

大韓航空によると、ベトナム・ダナン行きの航空機内で60代の女性が非常口のレバーを引いたため、非常口が強制的に開き、緊急脱出用のスライドが展開される騒ぎが発生した。この影響により、午後6時40分に出発する予定だった同航空機は、予定より3時間遅れて離陸。大韓航空は無料の食事券を配るなどして乗客らに理解を求めたが、抗議の声が相次いだという。

大韓航空は「事件当時、航空機は乗客を乗せて離陸準備に入ったところだった」とし、「離陸後は乗務員が複雑な操作をしなければ非常口は開かないようになっているが、離陸前だったため簡単に開いてしまったようだ」と説明した。非常口を開けた女性は「トイレのドアと勘違いしてレバーを引いた」と話しているという。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「非常口とトイレの区別もできないなんて」「赤い字で大きく“非常用”と書かれているはず。トイレと勘違いする方が難しい」「無知ほど恐ろしいものはないね」「迷惑な人。分からないなら聞けばよかったのに」「飛行中だったら…と考えるととても恐ろしい」「乗務員らが考え得る最悪の状況だね」「周りの視線や公衆道徳はお構いなしに、好奇心のままに行動する普段の習慣のせいでは?」など、非常口を開けた女性に対する批判の声が多く寄せられた。

その他、「60代の女性の力で簡単に開いてしまう非常口に問題がある」「非常口を開けるにはかなりの力が必要だったはず。ドアが開くまでの間に気付いて止める人がいなかったということが不思議」と指摘する声もあった。(翻訳・編集/堂本)