「LOST」シーズン6より
 - Mario Perez / ABC via Getty Images

写真拡大

 昔の映画やドラマをリブートすることが多くなったハリウッドで、まだ企画さえ出ていないテレビドラマ「LOST」について、クリエイターが条件付きで歓迎するとコメントした。

 J・J・エイブラムス、ジェフリー・リーバーと共に同ドラマを企画したデイモン・リンデロフは Entertainment Weekly のインタビューでその条件について語っている。

 「まず、このドラマのキャラクターたちは死んだだけでなく、死後の世界まで見せてくれた。『LOST』がリブートされるとしても新しいキャラクターでなければ成り立たないし、そうするべきだ」とコメント。もう一つは、自分は関わらないということだという。

 「あれだけのシーズンを製作しながら、新しいアイデアがあるからと今さら戻るのは裏切りのような気がする。思い通りに締めくくる十分な時間があっただけにね。ショーランナーのカールトン・キューズと僕は、リブートはいつでも歓迎するという意見だ。『LOST』は製作陣をも超えた作品なんだよ。ジョージ・ルーカスが『スター・ウォーズ』の世界を売ったことで、あの世界で育った世代が新たな作品を作っているのを見るのはとてもエキサイティングだ。『LOST』にも同じことが起きるかもしれない」と語り、誰かが新たな世界を創り出してくれることを期待しているようだ。

 2010年に終了した「LOST」は続編や特別番組などは製作されていないが、昨年、同ドラマの作曲家マイケル・ジアッキノが44人編成のオーケストラでコンサートを開いている。(澤田理沙)