中国銀聯がこのほど発表した春節にともなう1月27日から2月3日までの7連休の利用状況によると、同期間中の利用額が前年同期比48.1%増の4620億元(約7兆6230億円)、利用件数が同比11.7%増の3億4300万件と過去最高を記録した。

写真拡大

中国の銀行間決済ネットワーク・中国銀聯がこのほど発表した春節(旧正月、今年は1月28日)にともなう1月27日から2月3日までの7連休の利用状況によると、同期間中の利用額が前年同期比48.1%増の4620億元(約7兆6230億円)、利用件数が同比11.7%増の3億4300万件と過去最高を記録した。うち、海外における銀聯カードの利用件数が前年比約40%増となった。人民日報が伝えた。

中国銀聯のデータ分析専門家・陳漢氏は、「利用状況を全体的に見ると、飲食やショッピング、旅行、行楽などが、連休中の主な支出分野で、一般庶民がその絶対的主力」と分析している。

より安全で、便利な決済方法を利用する人が増加している。同期間、銀聯カードでパスワードの入力が不要な小額の取引の利用額が前年同期比165倍となり、利用件数も同比55倍以上となった。(提供/人民網日本語版・編集/KN)