「嗜好用大麻」と「産業用大麻」の違いは?(depositphotos.com)

写真拡大

 大麻に関するニュースが後を絶たない――。

 昨年10月、「医療用大麻」の必要性を訴えていた元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告が、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を所持していたとして、大麻取締法違反に問われた。1月23日の初公判で、高樹被告は「私が所持している物ではない」と起訴内容を否認。被告人質問では使用について「歯の痛みを和らげるため(大麻を)月に4、5回使っていた」と述べていた。

 また、昨年11月、10年以上前に長野県に移住して共同生活をしていた20名以上の男女が、大麻を大量に不法所持・使用して逮捕された。1月31日、名古屋地裁は、村松一彦被告に懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。山田耕司裁判官は大麻の所持量が多いなどとして「刑事責任を軽く見ることはできない」と述べた。

「産業用大麻」を栽培していた業者が「嗜好用大麻」の所持で逮捕

 さらには、昨年10月、「産業用大麻」を栽培していると称して「嗜好用大麻」を所持し逮捕されたという特異な事件もあった。

 県知事が許可した大麻取扱者免許を取得し、「町おこしのため」と称して鳥取県智頭町で神社のしめ縄や加工食品を作るために大麻の栽培を行っていた販売会社の代表が、嗜好用大麻の所持で大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件だ。

 広島地裁は12月26日、上野俊彦被告に懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。被告は町内で栽培していた大麻とは異なる乾燥大麻を大量所持していたが、入手ルートに関しては依然として不明とのことだ。

 大麻取締法によると、大麻草の茎や種子より生成された製品は合法、葉をあぶって煙を吸うと違法であるとしている。幻覚作用のあるテトラヒドロカンナビノイド(THC)の含有量が嗜好用では5〜20%と高く、産業用のそれはわずかに0.3%を有するのみである。

 しかし、嗜好用大麻でも乾燥させて所持、さらに吸引したりすると違法であり、逮捕につながるのである。

私たちの身の回りには産業用大麻(ヘンプ製品)であふれている

 私たちの身の回りには「ヘンプ(麻)製品」と呼ばれる産業用大麻であふれている――。

 ヘンプ製品は、古くは神社のしめ縄や大相撲の力士が使用するマワシにも使われてきた。最近では抗菌性、防臭性に優れている洋服(ヘンプファッション)、食用としてのナッツ、オイルなどにも含まれている。

 さらには木材に替わる住宅建材や、ひび割れや汚染する可能性が強いコンクリートに替わるヘンプクリートは、細菌やカビなどに対する保護作用が強く、耐性という点でも優れている。

 また私が本誌連載の第21回で紹介したように、米国コロラド州では一定の量の大麻栽培、所持解禁によって、州の年商、税収ともに大きな収益をもたらしている。

 我が国でも産業用大麻の運用について上手に施行すれば、莫大な産業的、経済的効果が見込まれる可能性があると思われる。 

北海道における産業用大麻普及推進に関する取り組み

 私の居住する北海道では、北海道産業用大麻(ヘンプ)普及推進ネットワーク(北海道ヘンプネット)の設立を呼び掛けがあり、2014年に一般社団法人北海道産業用大麻協会が設立された。

 設立の趣旨と目的は、大麻の名誉回復および農作物としての北海道の新たな基幹産業にすること。同年より北海道東川町で大麻の試験栽培が開始され、農家や企業のメンバーが、大麻栽培を早くから解禁されているオランダやドイツへの視察旅行を行った。

 その後、20名以上の北海道議会議員や大学関係の研究者、農業従事者などが賛同し、幾多の会合を開催して、産業用大麻への理解、活動推進へ向けて進行中である。

 ひとつの例として、麻の木を使って作った麻炭がある。麻炭は、多孔質で吸着力がひじょうに大きいため、空気や水の浄化や入浴の際に使用されている。また、腸の中の老廃物等を吸着して排出する働きがあるとされので食用にも利用されている。

 まだまだ研究すべき点は多そうだが、麻炭製造を模索、実践する農家もマスコミで紹介されてきた。
 
 産業用の大麻の可能性をむやみに潰してはいけない。
 

横山隆(よこやま・たかし)
日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジスト)、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長。2015年8月に同病院退職。専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。