本気の腹筋シェイプアップ!効果的な鍛え方をプロが伝授

写真拡大 (全3枚)

本気で腹筋美人を目指したいなら、キツイけれどしっかり効いてくれる本気エクササイズを実践してみましょう!

ただしよく起こす失敗のひとつ、腹筋をしながら腰を痛めてしまうのは考えもの。そこでヨガインストラクターである筆者が、腰を痛めないけれどガッツリ効いてくれるエクササイズをご紹介します。

腹筋女子を目指すなら「お腹の上部」を効果的に鍛えよう

“腹筋を鍛える”と聞くと、下腹部のぽっこりした部分を鍛えるイメージではありませんか? 腹筋は簡単に言えば“お腹の上部”、”下腹部”、”お腹の両サイド”に分けられます。

この3点にアプローチをすることによって、綺麗なお腹のラインを作ることができるのです。特に見逃しがちな“腹筋の上部”は、姿勢を整えたりする体幹を強くするためにもとても大事な部分。

また腹筋の上部を意識して鍛えると、同時に下腹部にも効果が出てくるという見逃せない場所なんです。

腹筋の上部を鍛えるエクササイズ

(1)仰向けに寝ます。

(2)両手をみぞおちあたりに添えておきましょう。

(3)息を吐きながら上半身の肩甲骨が浮くあたりまで体を起こし、手を置いたみぞおち付近が固くなる位置を確認しましょう。

(4)息を吐き切るまでその位置でキープします。

(5)息を吸いながら体を戻し、再び起こします。

(6)体力のある人は体を床に下ろすギリギリで止めて、再び起こすを繰り返してみましょう。

(7)お腹の奥が疲れてくるまで行いましょう。

体幹とお腹全体に効く「プランク」

(1)四つん這いの姿勢になります。

(2)両足を後ろに伸ばしひざを浮かせましょう。

(3)体の真ん中にまっすぐのラインが入っているイメージで(写真の緑のライン)で体を支えながら背中とお腹のラインを真っ直ぐにしましょう。

(4)腕を肩甲骨と背中の力で支える為に、首がすくまないように意識します。(首を前方に伸ばし肩を首から離すように)

(5)お腹全体がきついと感じればOK。肩や肩甲骨に体重がかかってつらい場合は、姿勢のポジションがうまくいっていないのでNGです。

いかがでしたか? 本気で腹筋美人を目指すなら、きついエクササイズもやりがいがありますよね。ご紹介したエクササイズはきついけれども効果は抜群。ぜひチャレンジして美しい腹筋を手に入れてくださいね!

【画像】

※ nd3000 / shutterstock

【筆者略歴】

yuuka

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。