【2017Jリーグ補強診断】ゼロ円補強でベースアップ、守護神問題も解決し躍進に期待《サガン鳥栖》

写真拡大

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。フィッカデンティ体制2年目を迎えるサガン鳥栖編をお届けする。

◆フィッカデンティ色を出した人員整理
Getty Images
【OUT】

GK

藤嶋栄介(25)→松本山雅FC/期限付き

林彰洋(29)→FC東京/完全

牲川歩見(22)→ジュビロ磐田/期限付き終了

DF

磯崎敬太(36)→現役引退

小林久晃(37)→現役引退

岸田翔平(26)→大分トリニータ/完全

丹羽竜平(31)→未定

坂井達弥(26)→大分トリニータ/期限付き

MF

清武功暉(25)→ジェフユナイテッド千葉/完全

チェ・ソングン(25)→水原三星ブルーウィングス(韓国)/完全

金民友(26)→水原三星ブルーウィングス(韓国)/完全

中美慶哉(25)→ツエーゲン金沢/期限付き延長

菊地直哉(32)→北海道コンサドーレ札幌/期限付き延長

岡本知剛(26)→松本山雅FC/完全

早坂良太(31)→北海道コンサドーレ札幌/完全

白星東(25)→水原FC(韓国)/完全

アイメン・タハール(27)→ガズ・メタン(ルーマニア)/完全

FW

平秀斗(22)→未定

山粼凌吾(24)→徳島ヴォルティス/期限付き→完全

岡田翔平(27)→ザスパクサツ群馬/完全

ムスタファ・エル・カビル(28)→アンタルヤシュポル(トルコ)/完全▽兵役の関係でチームを去ったMF金民友や守護神のGK林彰洋、ユーティリティ性が高かったMF早坂良太らが退団。さらに期限付き移籍していた選手の大半が完全移籍でチームを去るなど、フィッカデンティ色を強めた人員整理を敢行した。

◆補強診断(★5つが最高)

★★★★☆

▽大半が余剰戦力の放出となった一方で、チームの軸であったGK林彰洋、MF金民友の退団はチームに大きな影響を与えるだろう。経験値が豊富な選手の獲得でウィークポイントを着実に埋めていく中、GKの獲得が難航。それでも、フィッカデンティサッカーを知る守護神をゼロ円でゲットした。

◆守護神問題もゼロ円で解決【GK&DF】
Getty Images
【IN】

権田修一(27)←無所属/完全

小林祐三(31)←横浜F・マリノス/完全

フランコ・スブットーニ(27)←アトレティコ・トゥクマン(アルゼンチン)/完全▽横浜F・マリノスで長らく不動のレギュラーとして右サイドバックを務めていたDF小林祐三の加入は大きな補強となった。さらに190cmの大型CBとしてDFフランコ・スブットーニを獲得しディフェンスラインを強化。不安視されていた守護神問題もFC東京を退団していた元日本代表GK権田修一を獲得し解決。無事に戦力は整った。

◆ゼロ円補強で着実に底上げを達成【MF】
Getty Images
【IN】

小川佳純(32)←名古屋グランパス/完全

原川力(23)←川崎フロンターレ/期限付き

太田徹郎(27)←柏レイソル/完全

水野晃樹(31)←ベガルタ仙台/完全

石川啓人(18)←サガン鳥栖ユース/昇格▽名古屋の10番を背負い続けたMF小川佳純、日本代表歴もあるMF水野晃樹、ハードワークが売りのMF太田徹郎を獲得。さらに、リオ・デジャネイロ五輪にも出場したMF原川力を期限付きで獲得し、移籍金をかけずに実力者を揃えた。ユースから昇格のMF石川啓人を含め、中盤の補強をゼロ円でまとめあげたことは補強以上に良い成果となった。

◆エースの相方を無事に確保【FW】
(C)Getty Images
【IN】

小野裕二(24)←シント=トロイデン(ベルギー)/完全

田川亨介(17)←サガン鳥栖ユース/昇格▽前線は外国人選手を含め様々な噂が挙がっていた中、補強したのはベルギーでプレーを続けたFW小野裕二。横浜FMの下部組織出身で、大きな期待を寄せられていたストライカーの加入はエース・豊田を生かすにうってつけ。富山や池田らとのポジション争いにも注目だ。