【2017Jリーグ補強診断】FWポドルスキ報道錯綜もJ1初V十分の面々集結《ヴィッセル神戸》

写真拡大

▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。ヴィッセル神戸編をお届けする。

◆課題はペドロ・ジュニオールの穴埋め
Getty Images
【OUT】

GK

松澤香輝(24)→徳島ヴォルティス/完全

山本海人(31)→ジェフユナイテッド千葉/完全

DF

相馬崇人(35)→現役引退

高橋祥平(25)→ジュビロ磐田/完全

田中雄大(28)→北海道コンサドーレ札幌/完全

村松大輔(27)→清水エスパルス/期限付き期間満了

MF

増山朝陽(20)→横浜FC/期限付き

前田凌佑(22)→大分トリニータ/期限付き

野田樹(18)→FC今治/期限付き

FW

田代容輔(21)→契約満了

石津大介(27)→アビスパ福岡/期限付き期間満了

ペドロ・ジュニオール(30)→鹿島アントラーズ/完全

松村亮(22)→徳島ヴォルティス/期限付き

向井章人(18)→FC今治/期限付き▽戦力ダウンは回避。ただ、昨シーズンのリーグ戦で11ゴールを記録したFWペドロ・ジュニオールの抜けた穴は小さくない。シーズンを通じて、どのようして穴埋めを図るのか。ネルシーニョ監督の手腕に注目だ。

◆補強診断(★5つが最高)

★★★★☆

▽ネルシーニョ体制3年目を迎える今シーズンに向けて、充実の補強を敢行。鹿島アントラーズや、川崎フロンターレ、FC東京ら上位を争うであろうライバルと共に、このストーブリーグを多いに賑わせた。さらに、まだガラタサライの元ドイツ代表FWポドルスキ獲得にも動いていることから、今後も注目が集まるところだ。

◆守備陣整備【GK&DF】
Getty Images
【IN】

吉丸絢梓(20)←大分トリニータ/期限付きから復帰

前川黛也(22)←関西大学/新加入

橋本和(30)←浦和レッズ/完全

渡部博文(29)←ベガルタ仙台/完全

山口真司(20)←大分トリニータ/期限付きから復帰▽GKキム・スンギュがファーストGKを務める見込みのGK陣こそ2人の若手GKを補強するにとどまったが、DF陣にはネルシーニョ監督にとって柏レイソル時代の教え子であるDF橋本和、DF渡部博文を獲得。また、他クラブも注目するDF岩波拓也の慰留成功したのも大きい。

◆魅力的な中盤形成【MF】
Getty Images
【IN】

大森晃太郎(24)←ガンバ大阪/完全

高橋秀人(29)←FC東京/完全

ウエスクレイ(25)←アトレチコ・ミネイロ/完全

野田樹(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格

安井拓也(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格▽MF陣に関しても即戦力を確保。MF大森晃太郎は気の利いたサイドアタッカーで、高橋はセンターバック起用も可能なユーティリティ性を兼ね備えたボランチだ。ウエスクレイにおいてはJリーグ初参戦ということもあり、未知数なところもあるが、攻撃スキルに秀でた左利きのアタッカー。三者三様の特徴を持った実績十分を揃えたといえる。

◆ターンオーバーな前線【FW】
Getty Images
【IN】

大槻周平(27)←湘南ベルマーレ

田中順也(29)←スポルティング・リスボン/完全

向井章人(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格▽FW陣にも渡部と同様、ネルシーニョ監督の教え子であるFW田中順也を獲得。さらに、FW大槻周平も加え、ターンオーバーも十分可能な陣容を整えた。あとは、今オフ最大の目玉補強であるポドルスキが加入するか否か。ポドルスキが加わるようであれば、悲願のタイトル獲得への機運も高まるばかりだ。