飛鳥凛写真集「凛」表紙写真

写真拡大

日活ロマンポルノ生誕45周年を記念し、日本映画界の第一線で活躍する5人の監督が、同じ条件で完全オリジナル作品を撮りおろす「ロマンポルノリブートプロジェクト」。そのラストを飾る、日活出身の中田秀夫監督作『ホワイトリリー』が2月11日より公開となるが、それに先駆け、主演・飛鳥凛のデビュー10周年を記念し制作された初の写真集「凛」が発売となった。

[動画]中田監督が挑むロマンポルノは“百合”の世界/飛鳥凛主演『ホワイトリリー』予告編

『ホワイトリリー』は飛鳥が、ロマンポルノ初主演にして、初の濡れ場に挑戦した話題作。初めての自慰シーン、初めての女性とのラブシーンなど"初体験づくし"の作品に期待と注目が集まっている。

そんな飛鳥の数々の"役者バージン"を奪った中田監督は、飛鳥について「背もすらっと高く、また“美しく強い”瞳を持っている女優さんだと思いました。そしてその瞳には『必ずこの主役を射止めてみせる!』という固い意志が宿っていました。他の100名近いオーディションにいらした女優さんたちも同じ思いだったと思いますが、やはり、男女双方の視点から見て“惹きつけられる美しさ”を持ってらっしゃる」と大絶賛! 一方、本日発売された写真集には「思わず嫉妬を覚えた。私の知らぬ、大人の飛鳥凛」とのコメントを寄せている。

この写真集「凛」は、『ホワイトリリー』の”アフター&サイドストーリー”をイメージして制作。映画の余白を埋める作品となっている。雨の温泉街、旅館の浴場、古びたバーや、人目につかない入江や砂丘など、昭和ロマンポルノの世界観を漂わせながらも、そこに佇む飛鳥が現代的な美しい肢体をさらすことによって、詩的でエロティックな情感溢れる写真集に仕上がっている。

写真集「凛」は 2月6日発売。2月7日よりAmazonにて発売。飛鳥が登場する発売記念サイン会イベントが2月12日(日)13時半より福家書店新宿サブナード店で開催予定となっている。25歳の女優「飛鳥凛」の飛躍の瞬間に注目だ。