『ライフ』

写真拡大

映画『ライフ』が7月8日から東京・丸の内ピカデリーほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

同作は、火星で採取した地球外生命体を極秘調査するために、国際宇宙ステーションに集った6人の宇宙飛行士の恐怖と死闘を描くSFスリラー。高い頭脳を持ち、次第に進化する「それ」の存在によって宇宙飛行士たちの関係が狂い始め、やがて命が奪われていくというあらすじだ。

宇宙飛行士役を演じるのは、『デッドプール』のライアン・レイノルズをはじめ、ジェイク・ギレンホール、レベッカ・ファーガソン、真田広之ら。監督はレイノルズの出演作『デンジャラス・ラン』を手掛けたダニエル・エスピノーサ、脚本は『デッドプール』のポール・ワーニックとレット・リースが担当している。