ライアン・レイノルズたちが宇宙船で恐怖に直面…!

写真拡大

 無重力の宇宙船内で未知なる生命体の調査を依頼された宇宙飛行士6名が直面する恐怖と死闘を描いたSFスリラー『LIFE(原題)』の邦題が『ライフ』に決定し、7月8日より日本公開されることが明らかになった。

 『デッドプール』で一躍人気者となったライアン・レイノルズ、『ブロークバック・マウンテン』などの実力派ジェイク・ギレンホール、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のヒロイン役で妖艶な魅力を披露したレベッカ・ファーガソン、そして日本が誇る俳優・真田広之ら豪華キャストが宇宙人飛行士のメンバーにふんする本作。

 火星で採取した地球外生命体の細胞を国際宇宙ステーション内で極秘調査するために、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士たちが、次第に進化・成長し、高い頭脳を持つその生命体を前に、関係を狂わされ、命までも奪われていく……。

 『デッドプール』の脚本家コンビであるポール・ワーニック&レット・リースが脚本を執筆し、監督も『デンジャラス・ラン』でライアンとタッグを組んだことのあるダニエル・エスピノーサが務めた。

 「まるでテレビニュースを見ているような感覚で、いま起こり得るリアルさを徹底的に追及した」と製作陣が語った通り、実際に実現可能な技術と舞台設定で本作品は作りあげられたという。宇宙船という限られた空間、そして無重力の中で、未知の恐怖と向き合う宇宙飛行士たちは極限のプレッシャーと恐怖に直面していく。(編集部・石神恵美子)

映画『ライフ』は7月8日より丸の内ピカデリーほか全国公開