写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ZMPは、2020年東京五輪での完全自動運転タクシーによるサービス提供の実現へ向けた公道実験の途中経過を公開し、自動運転車開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」を使って東京都・お台場で公道実験を実施したと発表した。

このたび実施された東京都・お台場での公道実験に関し、同社では2017年度中の「レベル4(完全自動運転)」による実証実験へ向けた重要なステップと位置付けているという。2018〜2019年にはレベル4の実証エリアを広げ、2020年にサービスを開始するという計画が発表されている。

同社は、2014年より愛知県・名古屋市において、公道での自動運転の実証実験を開始し、2016年2〜3月にかけて神奈川県・藤沢市の湘南ライフタウンにおいて「ロボットタクシー」の自動運転技術の担当として公道実験を実施したという。そこでは住宅地での交通環境の把握を目的とし、安全を考慮して左一車線を直進のみで往復する実験だったという。

また、5月からは、道幅が狭く、路上駐車も多く、通行人も多い文京区で継続して公道実験を実施し、10月からはお台場にて公道実験をスタートしたという。同エリアはオリンピック開催地であり、交通量が多くトラックやトレーラーなど大型車両も多い片道最大四車線の幹線道路で、レーンチェンジや信号認識(矢印信号含む)、右左折を盛り込んだ実験を、テレビ局やホテル、温泉施設、科学館などの観光名所を約25分間、自動運転で人を輸送するサービスをイメージして検証したということだ。なお、同社は、政府方針に沿って2017年度中にレベル4による実証実験を実現させる計画であるということだ。

(早川厚志)