Click-B オ・ジョンヒョク、映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」に出演確定…ヒロインを苦しめる魔性のトラブルメーカー役

写真拡大

Click-B オ・ジョンヒョクが映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」に電撃合流した。

オ・ジョンヒョクの所属事務所DSPメディア側は6日、「オ・ジョンヒョクが映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』でオ・ヨンゴン役での出演を最終決定した」と公式立場を明らかにした。

同名の有名なウェブ漫画を原作とする映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」は、キャンパスを背景に、すべてが完璧な男ユ・ジョンと、ごく普通の彼の大学の後輩ホン・ソル、どこに飛ぶか分からない反抗期いっぱいのペク・インホを中心に、様々な人物の間で巻き起こるストーリーを描いた作品である。昨年ドラマでも放送され、ユジョン先輩役のパク・ヘジンをはじめキム・ゴウン、5urpriseのソ・ガンジュン、イ・ソンギョンなど多くのスターを輩出し、シンドローム的な愛を受けた。

映画で戻って来る「チーズ・イン・ザ・トラップ」でオ・ジョンヒョクは、ホン・ソルを執拗に苦しめる魔性のトラブルメーカーオ・ヨンゴンに扮し、和やかなビジュアルで怒りを誘発させる器の小ささで葛藤を造成し、劇に緊張感を足与えるハードキャリー(一人で勝利を率いる) として活躍する予定である。

これまでオ・ジョンヒョクは、映画「最終兵器 ムスダン」をはじめ、演劇「不器用な人々」「キルミーナウ」、ミュージカル「あの日々」「私とナターシャと白いロバ」「ノートルダム・ド・パリ」「ブラッド・ブラザーズ」「共同警備区域JSA」「スリル・ミー」などの演劇、映画、音楽を縦横無尽に俳優としてフィルモグラフィーを積み重ねてきた。

先日も演劇「バンカー・トリロジー」と、ミュージカル「あの日々」のアンコール公演まで盛況のうちに終え、3月21日に開幕する演劇熱戦の代表レパートリー演劇「プライド(The Pride)」で舞台に上がり、2017年にもさらに活発に俳優活動を続けて行く計画だ。

オ・ジョンヒョクが加わる映画「チーズ・イン・ザ・トラップ」は、4月中にクランクインする予定である。