カン・ハヌル&パク・ジョンミン主演映画「空と風と星の詩人 〜尹東柱の生涯〜」未公開スチールカットを公開“ギャップのある魅力”

写真拡大

映画「空と風と星の詩人 〜尹東柱の生涯〜」の俳優カン・ハヌルとパク・ジョンミンの熱演の裏に隠されたギャップのある魅力が公開された。

「空と風と星の詩人 〜尹東柱の生涯〜」側は6日、5種類の未公開スチールカットを公開した。今年の詩人ユン・ドンジュの誕生100周年と逝去72年記特別上映会開催のニュースと共に電撃公開した。

今回公開されたスチールカットは、胸が詰まるような映画とは違った現場の風景で視線を引いた。温かくて和気藹々とした撮影会場の雰囲気が、そっくりそのまま盛り込まれていた。

ドンジュ役のカン・ハヌルの茶目っ気いっぱいの姿と、モンギュ役を務めたパク・ジョンミンの熱い情熱を垣間見ることができた。そして俳優たちと気兼ねなく交わるイ・ジュンイク監督の姿もまた捉えられた。

カン・ハヌルは今回の特別上映会開催の便りに、「『空と風と星の詩人 〜尹東柱の生涯〜』を通じて寒い心を少なくとも温かくすることができる良い機会になったら嬉しい」という願いを伝えた。

パク・ジョンミンは、「今後も引き続きユン・ドンジュ先生の文学とソン・モンギュ先生の人生、お二人が生きたその時代の痛みを時折開けてみて、十分に感じることができる映画になったらうれしい」 と話した。

「星になった詩人ユン・ドンジュ 誕生100周年 逝去72周年記念『空と風と星の詩人 〜尹東柱の生涯〜』特別上映会」は、15日から19日までの5日間、MEGABOX COEX、セントラル、新村(シンチョン)、盆唐(ブンダン)、河南(ハナム) スターフィールド店にて開催される。闇の時代の中で最もきらびやかに光った青春、ユン・ドンジュと彼の友人ソン・モンギュの人生を通じて観客にもう一度熱い感動の余韻をプレゼントする見通しだ。