“無免許運転で自粛中”DECEMBER イ・ユニョクが直接謝罪…「ファンのみなさんに頭を下げて謝罪する」

写真拡大

DECEMBER イ・ユニョクが無免許運転をしたことについて謝罪した。

6日午前、イ・ユニョクはTVレポートとの取材に対し「僕は、昨日運転中に職務質問を受けた。その場で免許証がないと話した」と話を始めた。

免許取消の状態であったイ・ユニョクは、その状態で運転し、警察に職務質問されると実兄の免許証を提示したという報道があった。しかし、イ・ユニョクは「事実ではない」と訂正した。

イ・ユニョクは「最初はあまりにも怖くて実兄の名前を話した。しかし、直後に本名を言い、免許証がないことを告白した。実兄の免許証を提示したことはない。そのようなことは決してない」と話した。

今年下半期のアルバム発売を予定していたというイ・ユニョクは「当分放送活動をせず、自粛の時間を過ごす。その期間中に音楽に邁進する。僕を信じて応援してくれたみなさんにご心配をおかけし、申し訳ない。特にファンのみなさんに頭を下げて謝罪する」と涙のこもった声で伝えた。

また「今後、音楽で応えるイ・ユニョクになる。芸能人として物議を醸し、改めてお詫び申し上げる」を繰り返し謝罪した。

イ・ユニョクは5日午後4時頃、江南(カンナム) 区論硯洞(ノンヒョンドン) 一帯を移動していた中、警察の職務質問によって無免許運転が明らかになった。以前免許を取り消されていたイ・ユニョクは、同日自身の免許証を提示することができず、警察の調査を受けた。現在帰宅措置となったイ・ユニョクは、今後また警察の調査を受ける可能性もある。

DECEMBER イ・ユニョク、無免許運転で摘発…活動自粛を発表