世界ランク5位をキープした松山英樹、4位のDJとは0.05pt差に迫っている(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

2月5日付けの最新の世界ランキングが発表された。先週開催された「ウェイスト・マネジメント・フェニックスオープン」で、ウェブ・シンプソン(米国)との4ホールに及ぶプレーオフを制し大会連覇を達成した松山英樹は前週と変わらず5位にランクインした。
【フォトギャラリー】松山英樹が大会連覇!最終日をフォトでプレーバック!
前週4位だったヘンリック・ステンソン(スウェーデン)が欧州ツアー「オメガドバイデザートクラシック」で2位フィニッシュし、ランクを3位に上げた。首位はジェイソン・デイ(オーストラリア)、2位はローリー・マキロイ(北アイルランド)で変動はなかった。
4位のダスティン・ジョンソン(米国)とは僅差。順位こそ変わらないが、松山がまた世界の頂上に一歩前進したのは間違いない。なお、シンプソンは89位から56位に大きく順位を上げた。
「オメガドバイ-」で優勝したセルヒオ・ガルシア(スペイン)は9位に浮上、前週の15位からトップ10に返り咲いた。日本勢の2番手は34位の池田勇太、3番手は58位の谷原秀人となっている。先週予選落ちを喫した石川遼は109位に順位を落とした。
【男子世界ランキング】
1位:ジェイソン・デイ(9.93pt)
2位:ローリー・マキロイ(9.49pt)
3位:ヘンリック・ステンソン(8.93pt)
4位:ダスティン・ジョンソン(8.85pt)
5位:松山英樹(8.80pt)
6位:ジョーダン・スピース(7.78pt)
7位:アダム・スコット(5.97pt)
8位:ジャスティン・トーマス(5.61pt)
9位:セルヒオ・ガルシア(5.44pt)
10位:パトリック・リード(5.22pt)
34位:池田勇太(3.01pt)
58位:谷原秀人(2.27pt)
100位:小平智(1.50pt)
109位:石川遼(1.42pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
「挑戦したのは、僕だけ」米4勝は通過点 松山英樹が見据える年間5勝
セルヒオ・ガルシアが逃げ切り優勝!ヘンリック・ステンソンが2位
松山に敗れたシンプソン「ヒデキのプレーは本当に素晴らしかった、脱帽だ」
【注目ギアコラム】松山と石川、2人に合うシャフトって何?