この開放感、一度は味わってみたい。

AirPodsの登場と前後して、一気に群雄割拠となった「完全ワイヤレスイヤホン」。こういったイヤホンはケーブルのない開放感を感じられるわけですが、なかでもなんとも興味深い「3Dサラウンド」に対応した完全ワイヤレスイヤホン、ERATOの「MUSE5(ミューズファイブ)」の国内販売が発表されました。


ERATO MUSE5 1


最大の特徴である3Dサラウンドは、単にステレオ音源をそのまま再生するわけではありません。オリジナルに開発したDSPやマイクロドライバーとアコースティックチャンバーの調整により、「サウンドの距離感」を再構築しました。左右に届く音の違いを調整することで音像定位感を向上させているんです。ERATOはこのシステムを「ERATOSURROUND」と呼んでいます。

本体にはマイクを搭載し、スマートフォンと連携しての通話も可能です。通話やSiri、Google Nowなどのコントロールは左右のプッシュボタンにより操作できます。IPX5の防水機能にも対応し、本体だけで4時間の音楽再生、充電ケースでは3回のフル充電ができます。


ERATO MUSE5 2


また、スリーブ3種×イヤチップ3サイズの9パターンの組み合わせを実現する「FitSeal」により、自分に最適な装着感を得ることが可能です。FitSealは遮音性が高いので、より音楽に集中できます。


ERATO MUSE5 3


MUSE5の特徴は高機能さだけではありません。、30mm×25mm×20mmのコンパクトなボディに、ブラック/ブルーイッシュパープル/ホワイト/ローズゴールドのバリエーション豊かな4色をラインナップ。ユニセックスに、場面を選ばずに利用できます。


ERATO MUSE5 4


MUSE5は2月10日より、2万1880円(税抜)で発売予定。ブルーのみ2月28日の発売となります。取扱店舗はビックカメラやヨドバシカメラなどの大手量販店、またeイヤホンやフジヤエービック、蔦屋書店・蔦屋家電、ロフト、AppBank Storeなどです。eイヤホンやビックカメラ、ヨドバシカメラ、AppBank Storeでは先行予約販売も開始しています。

小さなボディにスケールの大きな3Dサラウンド、こいつはぜひ試してみたい逸品ですね!

・ソニーが左右分離型の純正ワイヤレスイヤホンをCES 2017でチラ見せ
・補聴器とワイヤレスイヤホンが一体になったNuhearaの新感覚「IQbuds」イヤホン

image: @Press
source: @Press

(塚本直樹)