スバルAWD車の原点! 現存1台の貴重な「ff-1 1300G 4WD」とは

写真拡大 (全17枚)

たった1台の貴重なモデルが雪上に姿を現した

2017年1月、富士重工業が国内メディア向けに「スバルオールラインアップ雪上試乗会」を開催した。オールラインアップという言葉の通り、水平対向エンジンを搭載する国内仕様の全モデルが雪上特設コースに集められていた。

その中にはFRレイアウトのBRZもあったし、ある意味で希少なフォレスターの6速MT車もあった。もちろん、日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したインプレッサは2リッターAWDから1.6リッターFFまで用意されていたし、レヴォーグ、レガシィ、クロスオーバー7といったモデルを思い切り雪上で振り回して、スバルの魅力を知ると同時に、共通した味付けを感じる機会になったのだ。

その会場入り口に、一回り大きい軽自動車くらいのクラシカルなクルマが置かれていた。その名は「スバルff-1 1300G 4WD(プロトタイプ)」。現存一台という、超貴重なスバルAWDの原点が、雪上に置かれていたのだ(夜間や降雪時はパネルトラックの中でしっかり保管されていたそうです)。

現在でこそ、販売台数の98%がAWD(四輪駆動)となっており、スバルといえばAWDというイメージが強いが、最初の登録車である「スバル1000」に始まるシリーズは水平対向を縦置きに搭載したFF(前輪駆動)を基本としていた。

それは限られたボディサイズの中で居住空間を最大限に確保するためであり、今どきのクルマでは当たり前のように存在するフロアのセンタートンネル(排気マフラーやプロペラシャフトが通っている空間)はなく、完全フラットな床を実現していたのだ。

そのためにマフラーは床下の脇を通されているほどだった。そうした思想ゆえに、最初期のスバルは、プロペラシャフトを持つ四輪駆動というのは基本コンセプトから外れるものであったのは想像に難くない。

偶然ブルーバードの駆動系がマッチした

そんなスバルが水平対向エンジンの縦置きFFレイアウトが四輪駆動に発展させやすいと気付き、今の繁栄につながった原点といえるのが、この「スバルff-1 1300G 4WD」である。その開発は、東北電力が冬場の保守管理業務用の車両として各社に「快適で、燃費性能に優れた四輪駆動車」を求めた中で、スバル本体ではなく現地ディーラーである宮城スバルが手を挙げたことに端を発したというエピソードは有名だ。

縦置きトランスミッションの後端から出力を取り出し、既存のFR車の駆動系と合わせることでスバルのFF車は4WDに改造できる、という結果論的に見れば非常に有効な手段を誰かが思いついた。

そうして生まれた最初の試作車には日産ブルーバードの駆動系が流用されていたのだという。それは完全に偶然というからおもしろい。たまたまブルーバードのファイナルギア比が、ベース車のスバルと相性のいい数値で、うまく四輪駆動として走れたというのが理由なのだ。

この頃はセンターデフなどない直結四駆のため、ファイナルギア比が合うというのは、本当に奇跡的といえる。その縁もあって、現在のスバル車においてもリアディファレンシャルは日産から調達しているというのも、またおもしろいエピソードだろう。

その試作車を元に、富士重工業本体が作り上げた最初のプロトタイプが、ここで紹介する「スバルff-1 1300G 4WD」である。普段は富士重工業・矢島工場のビジターセンターに展示されているという貴重な一台を雪上に置いてしまうという機会は、おそらくこれが最初で最後。それにしても、降雪期のために生まれたクルマだけに、なんとも雪景色の中に佇む姿が似合う。

軽自動車規格の全幅に車両重量は835kgと超軽量

スバルff-1 1300G 4WDの諸元を見て驚いたのは全幅が1480mmと軽自動車規格と同寸であること。車重も835kgと、これまた軽自動車級のライトウェイトだ。現存一台と貴重な個体だけにドアを開けて室内を確認する程度に留めたが、駆動の切り替えレバーに燦然と輝く「六連星」が、現在につながるシンメトリカルAWDの元祖であることを主張しているように感じたのは気のせいだろうか。

冒頭、初期のスバル乗用車はフラットフロアでセンタートンネルを持たないと記した。このプロトタイプのベース車も当然ながらセンタートンネルは有していない。

そのためプロペラシャフトは室内に通し、そこをカバーするカタチで処理しているのだというのもプロトタイプ的といえるだろう。その証拠にフロアを覗き込むと、たしかにフラットになっていた。

それにしても、東北電力が乗用タイプの四輪駆動車を求め、宮城スバルが試作に成功し、そして富士重工業がプロトタイプの開発にゴーサインを出さなかったら、いまだにスバルのクルマはFFがメインだった可能性がある。だとすれば、現在の成功もなかっただろう。様々な偶然が重なって生まれた「スバルff-1 1300G 4WD」が、いまのスバルにつながったのだと思うと、雪上の姿がなんとも頼もしく感じてくる。

■スバルff-1 1300G 4WDプロトタイプ主要諸元

車両型式:AA44型改

車体寸法 全長3880mm 全幅1480mm 全高1430mm

ホイールベース2415mm

トレッド前1215mm 後1195mm

最低地上高200mm

【画像ギャラリー】

写真提供:富士重工業