新バラエティ番組「下宿屋の娘たち」火曜日の夜11時に編成確定…14日に初放送

写真拡大

KBS 2TV新バラエティ番組「下宿屋の娘たち」が、火曜日の夜の編成を確定した。

6日「下宿屋の娘たち」側は「14日の夜11時10分に韓国で初放送される」と伝えた。

「下宿屋の娘たち」はファムファタール(魔性の女) の魅力が際立つ下宿屋の奥様イ・ミスクと、それぞれ父親が違う4人の娘パク・シヨン、チャン・シニョン、イ・ダヘ、ユン・ソイ、下宿屋に居候する万年受験生パク・スヒョン、弟イ・スグンを中心に毎話、下宿屋に入りたがるゲストを迎え入れ、想像を超える多彩なゲームとテストを繰り広げるシチュエーションリアルバラエティ番組だ。

最初のゲストには俳優パク・チュンフンが出演する。先月30日に行った収録に参加したパク・チュンフンは、体を惜しまないゲームと、何が何だか分からないテストで「このような収録は初めてだ」と話したという。これに、初収録を終えた制作陣は「初収録であるにも関わらず、期待以上だった。メンバーたちが撮影中それぞれの役割と設定まで決めた。制作陣の介入が殆どなかったにも関わらず、楽しく撮影を行うことができ、良い雰囲気の中で初収録を終えた。歴代最高のストレートな女優たちの大胆なケミ(相手との相性) を確認することができるだろう」と期待を呼んだ。