「自分はモテる!」と勘違いしている男性がやりがちなこと

写真拡大



なぜか自信に満ち溢れていて、「俺ってモテるんだよね〜」と勘違いしている男性って存在するもの。はたから見ているぶんには面白いでしょうが、この「勘違い男性」と関わってしまうと自分がイライラするだけになってしまいます。そこで今回は「自分はモテると勘違いしている男性がやりがちなこと」について20代女性にリサーチしてみました。

■1.絶対に男性を紹介しない

「私の男友達は『誰か良い人いないの?』と言っても絶対に誰も紹介してくれない。最初は面倒くさいだけなのかな?って思ったんだけど、どうやら『俺みたいなイイ男がいるのに何でほかの人を紹介しなきゃいけないの?』っていう意味だったっぽい…。」(22歳/大学生)

ここで注意したいのが、この勘違い男性が決して女友達に片思いしているわけはないということ。あくまで「この世の女性全員から好かれていたい」「こんなにモテる俺がいるんだからそれで十分じゃん!」ということなのだそう。もはや自意識過剰すぎて面倒くさいですよね…。このようなタイプの男性と絡むとワンナイトラブに持ち込まれる可能性もあるので注意すべきでしょう。

■2.「俺と付き合ったら〜」となぜか上から目線

「彼氏のことを話すと『え〜俺だったら彼女との記念日は大切にするけどな!(ドヤァ)』とか言ってくる人がいる。いやいや…私はあなたと付き合いたいわけじゃないですけど…。自信満々すぎてビックリするわ!」(20歳/大学生)

どうして勝手に「俺と付き合う」に脳内変換されてしまうの!?と思ってしまうのがこちら。これも少なからず「自分がモテる」という意識がないと言えないですよね。ここはキッパリと「まぁ○○さんと付き合うことはないですけどね〜」と笑い飛ばしてしまうのが良いかも。

■3.女性の見た目に批判的

「大学で『あの子は服がダサいよね〜』『あいつケバすぎ!』と言って女子に点数をつけている男性集団がいる。」(20歳/大学生)

「俺はモテる!そして俺は間違っていない!」という勘違いっぷりがすごいからこそ、女性の見た目に平気でイチャモンをつけられるのでしょう。でも本当にモテる男性は「女性は褒められたほうが嬉しい」ということがわかっています。「今日の服カワイイね」などと言える男性が、真のモテ男なんですよね。

■4.やたらグイグイくる

「こっちがやんわりお断りしているのに、やたらグイグイデートに誘ってくる男性がいる。『この俺が誘っているんだから嬉しいだろ?』というナルシスト臭がプンプンして、正直ツラい。」(24歳/受付)

女性の気持ちもお構いなしに、自分の都合でグイグイくる男性も勘違いタイプが多いよう。まさに「自分はモテる」という自信の表れなんでしょうね。彼に気がないことをアピールしつつ、少しずつ連絡の頻度を落としていくのが最善策かもしれません。

■おわりに

以上の結果から「勘違い男性」の特徴として、女性の気持ちよりも自分を最優先していることが挙げられそう。この手のタイプの男性は付き合っても自分の意思を曲げないことが多いので、深入りする前に距離を置くことをオススメします。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)