写真提供:マイナビニュース

写真拡大

freeeは2月6日、「クラウド会計ソフト freee」の個人事業主向けプランにおいて、確定申告書類の電子申告機能をリリースしたと発表した。これにより今後は、確定申告に関する全プロセスを「クラウド会計ソフト freee」のみで完了できる。

「クラウド会計ソフト freee」の個人事業主プランにおいて、作成した確定申告に関する書類を「クラウド申告 freee」を用いて電子申告できるようになった。事業主自身はもちろん、申告作業を代行される税理士の方も「クラウド申告 freee」から電子申告が可能となる。また、新たに対応したマイナンバーカードを用いた電子申告も可能。

従来、確定申告書類の提出には、プリントアウトや窓口への持ち込み・郵送などの手間がかかっており、電子申告においても、別途「e-Tax(国税電子申告・納税システム)」用ファイルの作成が必要だった。

新たに電子申告の機能に対応したことで、今後は、「クラウド会計ソフト freee」のみで確定申告に関する全てのプロセスを終わらせることが可能になる。

(山本明日美)