宮崎ラウンドを制した横浜FCは、順調にチーム作りが進んでいるようだ。

写真拡大

「2017JリーグDAZNニューイヤーカップ」宮崎ラウンドは2月6日、KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場でV・ファーレン長崎対横浜FCの一戦が行なわれ、1-1の引き分けに終わった。
 
 この結果、第1戦で福岡に3-0、第2戦で鹿島に1-0で勝利していた横浜FCが、2勝1分で宮崎ラウンドを制した。
 
 この長崎戦では、45+2分に長崎の田上に先制を許したが、後半立ち上がりの48分にナ・ソンスが同点弾。その後、横浜FCはフィールドプレーヤー5人を入れ替えながら、1-1で試合を終わらせた。