ネットニュース編集者の中川淳一郎氏

写真拡大

 先ごろ発生した医療情報サイト「WELQ」によるパクリ記事、インチキ記事騒動は、近年急増した「キュレーションサイト」と呼ばれる情報サイトには胡散臭いものもあることを世に知らしめた。しかしこの事件は、より深い問題をはらんでいるとネットニュース編集者の中川淳一郎氏は指摘する。中川氏がグーグルへの期待をこめて解説する。

 * * *
「検索はオワコン」──5年ほど前にIT業界でよく説かれていた論である。「オワコン」とは「終わったコンテンツ」の意味で、要するに「時代遅れ」だ。じゃあ、一体何の時代が来たのかといえば「ソーシャルの時代」である。

 ネットで情報を取る場合、グーグルなどの検索エンジンを使うのではなく、ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどの「ソーシャルメディア」でフォローしている人が提供する情報やリンクを辿って情報を得る時代が来たということだ。

 2013年頃から次々と立ち上がった「キュレーションサイト」と呼ばれる各種情報サイトでは、「死ぬまでに行きたい絶景スポット25選」や「泣ける! 兵士が突然戦地からサプライズで帰還、その時息子は……」のようなネタを次々と制作。これらは「感動した……」などとツイッターやフェイスブックでシェアしてもらう意図で作られた記事である。

 とにかく「ソーシャルでシェアされるものを作ろう」の掛け声のもと、ウェブサイトの制作側は、検索をあまり重視していなかった。しかし昨年12月、この定説が完全にぶっ壊れる事態が発生。検索こそ、アクセス稼ぎの最重要事項であることが明らかになったのだ! 

 医療情報サイト・WELQがパクリ記事や、「肩こりの原因は幽霊」などのインチキ記事を多数公開していたことから問題視され、運営するDeNAが同様の10サイトを閉鎖した件は広く報じられた。

 彼らが行なっていたのが検索上位に来るための「SEO対策」(検索最適化)である。彼らはどんなキーワードをちりばめておけばグーグルが上位に選んでくれるかを熟知しており、「下痢 直し方」「胃薬 種類」などといった言葉を入れると彼らのサイトが上位に来るようになっていた。

 彼らが残したSEO対策の技としては「記事を長文にする」「記事を1日に多数更新する」などがあり、現在その法則を他のサイトが続々とマネする事態になっている。

 今回の騒動は、世界最高峰のIT技術を持つとされ、転職したい会社として人気のグーグルがクソ情報に負けたことを意味する。我々はグーグルの高い技術力であれば、無数のサイトから最も優れたサイトを選んでくれると信じていた。だが、彼らは、自らのことを徹底的に研究してきたインチキ野郎に敗北したのである。

 私自身は健康情報を調べる際は、今やグーグルの上位に来るページは見ない。下位に存在する病院、大学等のページを見るようにしている。WELQ騒動により、「検索はオワコン」は嘘であったことが明らかになったが、しかしグーグルが万能ではないことが分かったため、「検索はオワコン」が事実であることもまた、図らずも証明されてしまった。

 グーグルの社是は元々「Don’t be Evil(邪悪になるな)」で、一昨年10月からは「Do the Right Thing(正しいことをやれ)」も加わった。今後、彼らはプライドと意地にかけてもクソ情報を上位に表示させない対策はするだろう(本稿締切後の2月3日、Googleは日本語検索のアルゴリズムを改善したと発表)。その時に「検索はオワコン」は再び覆されるか。

※週刊ポスト2017年2月17日号