5日、先月初めに長女を出産した女優ルビー・リンが、「心が落ち着いた」とママになった心境を初めて語った。写真はルビー・リン。

写真拡大

2017年2月5日、先月初めに長女を出産した女優ルビー・リン(林心如)が、「心が落ち着いた」とママになった心境を初めて語った。新浪が伝えた。

【その他の写真】

台湾の人気女優の中で、リン・チーリン(林志玲)らと並び、「剰女(売れ残り女性)」ビッグ3の一人と言われていた。しかし昨年は大きな変化を迎え、長年の友人だった俳優ウォレス・フォ(霍建華)と交際に発展し、5月に恋人宣言。7月に結婚し、9月には第1子を妊娠中であることを発表。先月7日、長女を無事出産している。

ファッション誌「VOGUE」の最新号で、ママになった心境を初めて披露した。自分の中の変化については、「心が落ち着いて、勝手気ままな考えや、自分のやりたいことを優先するということがなくなった」と語る。「今後どういうママになりたい?」という質問には、「もともと先を見据えて行動するタイプではないので、今は何も考えていない」と話している。

妊娠中は先輩ママたちから、「なるべく赤ちゃんに話しかけて」とアドバイスされていた。だが、何を話していいのか分からないため、ずっと音楽を聴かせていたという。(翻訳・編集/Mathilda)