鳥栖に移籍することが発表された権田修一

写真拡大

 サガン鳥栖は6日、GK権田修一が加入することを発表した。背番号は33をつける。

 FC東京の下部組織出身の権田は、2007年にトップチームに昇格し、リーグ戦通算202試合に出場したが、2015年7月にオーバートレーニング症候群と診断され、公式戦から遠ざかっていた。昨年1月には、日本代表MF本田圭佑が実質的なオーナーを務めるSVホルンに期限付き移籍。リーグ戦17試合に出場した。今年1月には、古巣FC東京との契約を解除し、ヨーロッパでのプレーの可能性を探っていた。

 クラブ公式サイトを通じて権田は、「チームの発展、成長、勝利のために精一杯頑張ります。よろしくお願いします」と挨拶している。


●2017年Jリーグ移籍情報