パク・ボヨン、ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」撮影スチールカットを公開…ラブリーな怪力女が登場

写真拡大

「力の強い女ト・ボンスン」のパク・ボヨンがベールを脱いだ。

24日に韓国で初放送されるJTBC新金土ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」(脚本:ペク・ミギョン、演出:イ・ヒョンミン) 側は6日、大胆な演技変身が期待されるパク・ボヨンの撮影スチールカットを初公開した。

「力の強い女ト・ボンスン」は生まれつきすごい怪力を持っているト・ボンスン(パク・ボヨン) が、この世のどこにも見たことのないようなクレイジーさが魅力のアン・ミンヒョク(ZE:Aのヒョンシク)、正義感に燃えるイン・グクドゥ(ジス) と出会ったことから繰り広げられる、3人の男女の力比べロマンスだ。

パク・ボヨンが演じるト・ボンスンは、今まで見たことがないようなユニークなキャラクターだ。何でも間違って触ってしまうと壊してしまう怪力を持って生まれた、ドラマのタイトル通りに怪力女だ。力強く、よく食べて、性格まで良いト・ボンスンは、小学生時代から片思いしていたイン・グクドゥの理想のタイプである、コスモスのような女になるのが目標だ。

スペックはないが、メンタルだけは強い可愛い女だ。その日暮らしのアルバイト人生だが運命的なロマンスを夢見ていたト・ボンスンは、予想もしていなかった事件に巻き込まれ、警察になったイン・グクドゥと再会する。その後、女心を超えて男心まで捉える魔性の“シムスティラー(心+シーンスティラー)”であり、傍若無人のゲーム会社の代表アン・ミンヒョク(ヒョンシク) のボディガードとして就職することになり、三角ロマンスを披露する。

ト・ボンスンの怪力は代々伝わっている神話に要因がある。幸州山城の戦いで石を運んで退けた敵の数が数えきれないほどだ。意欲的な“ガールクラッシュ(女性が女性にハマること)”の元祖パク・ゲブンという女性の子孫だ。

この“怪力家紋”が持っている力は母系からもらうことで、X染色体だけでその怪力が継承される。しかし自身の利益のために使ったり、悪いことに使うと、力がなくなったり、災難レベルの罰を受けるというジンクスがある。

公開された写真には自身の携帯電話を奪い取り、女だと無視するようにからかうキム・ウォネに向かって怒りのビンタを食わすパク・ボヨンと、今まで見たことのない怪力に困惑したキム・ウォネの姿が写っており笑いを誘う。また、顔に残ったパク・ボヨンの手の跡から、ト・ボンスンの怪力を伺うことができる。続いて誰かに向かって秘密にしてほしいというように愛嬌溢れる表情で、見る人たちを微笑ませる。

爽やかなショートカットと赤色のコートで可愛らしい魅力をアピールしているパク・ボヨンは、寒い天気にも関わらず特有の明るいエネルギーで撮影現場に活気を吹き込み“さすがボブリー(ボヨン+ラブリー)”という賛辞を受けた。特に力を使うシーンでは、相手俳優キム・ウォネの配慮に、引き続き感謝の気持ちを伝え、撮影現場の雰囲気を暖かくしたという。

また最近、話題になったドラマ「キム課長」でも活躍しているキム・ウォネも、言葉がいらないコミカルな演技で、現場の人たちを笑わせた。キム・ウォネは劇に面白さを与えるイム・ウォニ、キム・ミンギョと共にペクタク派のキム・グァンボク役を演じて、ト・ボンスンに毎回やられる姿を披露した。

尋常ではないオーラを持つ“純粋怪力女”パク・ボヨンが、クレイジーさ溢れるヒョンシクと、正義感溢れるジスの間で、どんなロマンスを披露するのか好奇心を刺激する。どんな相手俳優に会っても最高のケミ(相手との相性) を作り出す、どんなキャラクターでもスポンジのように吸い込むパク・ボヨンの変わった演技に、多くの人たちの関心が集まっている。

「力の強い女ト・ボンスン」は夜11時24日に韓国で放送される。