全治約4〜6週間の負傷をした赤嶺

写真拡大

[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は6日、FW赤嶺真吾が左下腿部肉離れで全治約4〜6週間と診断されたと発表した。赤嶺は2日の練習中に同箇所を痛めていた。

 J2開幕戦である第1節・名古屋戦を今月26日に控えるが欠場が決定的となってしまった。