毎年花粉症が流行る春先やインフルエンザの流行時期には、街中にマスクを着用している人の姿があふれるもの。しかし、最近ではそうした特定の時期だけでなく、一年中マスクをしている人が増えてきているという。2月1日に放送された情報番組『NHKニュース おはよう日本』(NHK系)では、そんな“マスク依存”について取り上げられ、大きな反響を呼んでいる。

※画像はイメージです

 

マスクが“社会との壁”に!?

その日放送された『NHKニュース おはよう日本』では、“マスクの意外な使われ方”について特集。病気以外の理由でマスクをする人が増えているとして、すっぴんやヒゲを隠すという使い方があると紹介された。さらに、心の不安から日常的にマスクを“外せなくなってしまった”人の現状が取り上げられた。

 

心の不安からマスクをする人が多いのは、他人から向けられる視線を遮ることができるという利点があるためらしい。番組に登場した日本ライトカウンセリング協会の代表者は「あまり人と交わりたくないという人がマスクを使うという現象」が増えていると指摘し、精神科医は「マスク依存を続けていると、社会との壁を高く作ってしまう」「ひきこもりに陥ってしまう危険性もある」と警鐘を鳴らす。

 

そんな“マスク依存”に対して、SNSでは「なんかマスクすると安心するんだよね」「使用感として依存もありそうだから毎日は使わないようにしてる」「分からなくもない。職場で毎日使ってるけど顔隠れてると人目も気にならないというか安心する」と共感の声も上がっている。

 

“依存症”扱いで迷惑する人も

2月といえばインフルエンザの流行が懸念され、これから花粉の飛散も始まるという時期。このタイミングで“マスク依存”が特集されたことで困っている人もいるようで、ネット上では「花粉症の人には迷惑なタイミング」「この季節に放送するのどうなの…マスクしないとインフルエンザになると思うぞ」という声も上がっている。

 

株式会社プラネットが「From プラネット」30号で発表した意識調査によると、風邪をひく前から“予防”目的でマスクを着用している人は半数以上にも及ぶそう。とくに女性の割合が高く、66.5%という結果になっている。目的があってマスクをつけている人にとっては、“マスク依存”と病的な扱われ方をされてしまっては迷惑かもしれない。

 

マスクは日本人特有の文化?

1月29日に放送された『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)では、マスクをするという行為について俳優・古川雄輝が「日本特有だなと。海外だとしないですから」、女優の天海祐希が「外国でマスクしていると日本人だと分かっちゃうから、しないほうがいいよって言われてる」などと発言する場面があり、話題を呼んだ。

 

実際に海外ではマスクをしている=重い伝染病というイメージもあるようで、日本人のマスク姿が奇異に映る様子。掲示板では「現在ヨーロッパ在住ですが、風邪をひいてマスクをつけていたら、それはそれはもう奇異な目で見られて途中ではずしました」という海外渡航者の声も見られる。マスクをしているだけで浮いてしまうのは不便そうだが、海外では花粉症のリスクが少ないので意外とやっていけるのかもしれない。