Jリーグの多くのクラブが、来る新シーズンへ向けてキャンプに入った1月。昨年の同じ頃は、カタール・ドーハでアジアU-23選手権、すなわちリオデジャネイロ五輪最終予選が開かれ、23歳以下の若い選手たちが6大会連続となる五輪出場を目指し、激闘を繰り広げていた。

 U-23日本代表は見事に同選手権を制し、リオ五輪に出場。本大会ではグループリーグ敗退に終わったものの、慌ただしいシーズンを通じて、彼らが得難い経験を積んだことは間違いない。

 そんな「リオ世代」の選手たちも、1993年生まれの最年長であれば、今年24歳を迎える。世界的に見れば、代表チームの主力になっていても不思議はなく、もはや若手とは言っていられない年齢に差し掛かっている。

 実際、日本が出場した過去のW杯が示しているように、五輪に出場した選手(あるいは、同世代の選手)が2年後のW杯で、どれだけA代表に食い込んでこられるかが、日本の成績を左右すると言っても大袈裟ではない。

 例えば、日本がW杯でグループリーグを突破した2002年(日韓共催)、2010年(南アフリカ)の2大会では、その2年前の五輪に出場した選手たちが主力としてチームを支えていた。

 2002年大会であれば、DF中田浩二、MF明神智和、MF稲本潤一、FW柳沢敦など、2010年大会であれば、DF内田篤人、DF長友佑都、FW本田圭佑などといったメンバーである。

 それを考えると、来年のW杯に向けてリオ世代が台頭してくることは必須条件。徐々にその可能性は膨らみ始めてはいるものの、だがしかし、現状ではまだ物足りないと言わざるをえない。

 リオ五輪の登録メンバー15名(オーバーエイジ枠で出場の3名を除く)を見ても、そのほとんどが所属クラブではポジションを確保するところまでは来ているが、あとひと息。日本代表入り、さらには代表で主力を務めるには、Jリーグでの際立った活躍が求められる。

 昨季はアジアU-23選手権やリオ五輪本大会だけでなく、強化試合などのU-23代表の活動がシーズン中に入ることも多かったため、なかなか所属クラブでのプレーに集中しにくかった面はあるだろう。

 だが、Jリーグだけに照準を合わせることができる今季は、リオ世代の選手たちにとってステップアップの大きなチャンス。ある意味で”勝負の年”と言ってもいいだろう。

 いわばリオ世代の先頭を走る、浦和レッズのDF遠藤航は「コンディションはすごくいい。この(浦和の一次)キャンプですごく(コンディションが)上がったなっていう印象がある。練習試合もいいフィーリングでやれているし、ここまでは順調かなと思う」と言い、充実した様子をうかがわせる。



いい調整ができているようで、充実した表情を見せていたレッズの遠藤航 昨季は新年早々、リオ行きがかかった大一番が待っていた。遠藤にとって、浦和のキャンプに最初から参加できなかったことは、もちろん痛手だったが、問題はそれだけにとどまらなかった。1月から真剣勝負に臨むためには、当然それ相応の準備もしておかなければならない。結果、ほぼシーズンオフ返上でトレーニングを続けなければならなかったのだ。

 心身を削るようなシーズンインだった昨季を考えれば、今季はずいぶんとスムーズに調整ができている。そんな余裕が遠藤の表情をほころばせるのだろう。

 J1とAFCチャンピオンズリーグの”二兎”を追う浦和には、過密日程が待っている。遠藤も厳しい連戦をこなさなければならないことがあるだろうが、それでも「どっちかと言うと、たぶん昨年のほうが忙しいくらいだったと思う」と、落ち着いた様子で語る。

「(1月から浦和のキャンプに参加できて)やっぱりやりやすいし、オフにしっかり休めたっていうところも含めると、ここからはコンディションが上がっていくだけだと思う。昨年は休みがなかったが、今年は一回休んで、こうやってしっかり(トレーニングの負荷を)上げて、コンディション作りができているっていうのは、自分にとってはすごくいいこと。今シーズンは昨年よりもいいプレーを見せられるかなっていうイメージはできている」

 リオ世代の飛躍が期待される今季、なかには新天地へと戦いの舞台を移した選手もいる。リオ五輪の登録メンバー15名のなかでは3名だけだが、惜しくもリオ行きを逃した同世代の代表候補選手も含めれば、多くの精鋭が心機一転、身にまとうユニフォームを着替えることを選択した。

 リオ五輪では先発出場の1試合を含め、全3試合に出場したMF矢島慎也も、そんな選手のひとりだ。

 昨季ファジアーノ岡山をクラブ史上初となるJ1昇格プレーオフ出場まで導くなど、特に攻撃面で非凡な才能を示したMFは今季、期限付き移籍を終え、所属の浦和に復帰した。J2岡山では際立つ活躍を見せた矢島も、J1での実績はほとんどない。今季はまさに新たな挑戦のシーズンとなる。

「岡山で教えられた細かい地味なプレーをこなしつつも、最後はボランチからでも点を取ったりできるという、攻撃のところ(の特徴)を出したいなと思ってやっている」

 そう語る矢島は、「まだ(練習試合を)2試合しかやっていないので、(手応えを感じるのは)まだまだ」。Jリーグ屈指の選手層を誇る浦和にあって、ポジションをつかむことは決して楽なミッションではないようだ。

 しかし、裏を返せば、高いハードルを乗り越えて出色のプレーを見せることができるなら、その価値は極めて高い。与えるインパクトは岡山時代の比ではないだろう。矢島が力強く語る。

「試合に出るために戻ってきた。目標は試合に出ることなのでがんばりたい」

 U-20の時代には世界大会への出場権を逃すなど、なかなかアジアの壁を破ることができなかったリオ世代が、ようやく世界へとたどり着いた昨季。満足できる結果を残せたわけではなかったが、それでも彼らが大きく歩を進めたシーズンとなった。

 その貴重な経験を無駄にしないためにも、重要になるのが今季のパフォーマンス。鉄は熱いうちに打て、ではないが、リオで蓄えた熱が体内に残るうちに、Jリーグでひと回り大きくなった姿を見せてほしい。

 最近のJリーグを見ていると、活きのいい若手をあまり目にすることがない一方で、ベテラン勢はあまりに元気だ。最近5年のJリーグMVPを見ても、川崎フロンターレの中村憲剛(受賞当時36歳)、サンフレッチェ広島の青山敏弘(同29歳)、ガンバ大阪の遠藤保仁(同34歳)、横浜F・マリノスの中村俊輔(同35歳)、サンフレッチェの佐藤寿人(同30歳)と、平均年齢は優に30歳を超えている。将来のJリーグを憂(うれ)うというだけでなく、A代表の世代交代を考えても、やはり若手の台頭が待たれるところだ。

 リオ世代の選手たちが、どれだけブレイクスルーを果たせるのか。今季Jリーグを見るうえで、注視しておきたいポイントである。

■Jリーグ 記事一覧>>