B1A4 サンドゥル、ドラマ「内省的なボス」OSTに合流…希望的なメッセージを盛り込んだ曲

写真拡大

繊細な歌唱力と感性で“OST(劇中歌) の新星”として浮上しているグループB1A4のサンドゥルが「内省的なボス」のOSTに合流する。

ヨン・ウジンとパク・ヘスの新鮮なキャラクター技とユニークなストーリーで話題になっているtvN月火ドラマ「内省的なボス」(脚本:チュ・ファミ、演出:ソン・ヒョヌク) が本日(6日) の夜12時、サンドゥルが歌ったOST Part 3「あと一歩」を公開する。

「内省的なボス」は消極的な主人公が一歩ずつ勇気を出して、相手に近づいていくという希望的なメッセージを盛り込んだ曲で、キャラクターの感情を歌の中で絶妙に表現し、ドラマの人気と相乗効果を起こしてOSTも多くの共感を得ることができると期待されている。

miss A スジの「幸せなふり」を皮切りに、パク・ジニョン、I.O.I、2AMなどの曲作業に参加して来たJYPの作曲家Armadilloが参加し、叙情的で美しいメロディーラインの曲を完成させ、サンドゥルの繊細な歌唱力と感性が加えられてさらに曲を輝かせた。

この曲は第4話までの放送で数回挿入された直後、インターネットを通じて音源公開の問い合わせが殺到した。そのため、ドラマ視聴者たちにとって最高のプレゼントになるとみられる。

OSTに合流したサンドゥルはB1A4のメインボーカルで、暖かいボイスと訴えかけるような歌唱力が認められている。また昨年、ソロアルバムをリリースしてミュージシャンとして力量を発揮したことと同時に、KBS 2TV「雲が描いた月明り」のOSTにも参加するなど“次世代OSTの新星”として浮上している。

「内省的なボス」は ベールに包まれた幽霊と呼ばれる、極度に内省的なボスのウン・ファンギと、超強力な親和性をもつ新入社員チェ・ロウンが繰り広げるコミュニケーションロマンスで、tvN「また?!オ・ヘヨン〜僕が愛した未来(ジカン)〜」「恋愛じゃなくて結婚」の演出を手掛けたラブコメの大家ソン・ヒョヌク監督と「恋愛じゃなくて結婚」の脚本を手掛けて視聴者の心を捉える筆力を披露したチュ・ファミ作家がもう一度タッグを組んだ作品だ。

tvN「内省的なボス」は毎週月曜日と火曜日の夜11時に韓国で放送され、サンドゥルが歌ったOST Part 3「あと一歩」は、6日の夜12時に韓国の各種音楽配信サイトを通じて公開される予定だ。