ユン・サンヒョン「コ・ソヨンさんと夫婦役ができて本当に嬉しい」

写真拡大 (全2枚)

「完璧な妻」ユン・サンヒョンがコ・ソヨンとの夫婦役で共演する率直な覚悟を伝えた。

ユン・サンヒョンはKBS 2TV新月火ドラマ「完璧な妻」(脚本:ユン・ギョンア、演出:ホン・ソクグ) で少しヘタレで、小心者に見えるが、誰にでも優しくて家庭的な夫ク・ジョンヒ役を演じる。足長本部長役で愛された前作とは異なり、妻のシム・ジェボク(コ・ソヨン) の言葉にひるむ正反対のキャラクターで帰ってきた。

作品ごとに立体的な演技を披露し、信頼して見られる“ヒットメーカー”になったユン・サンヒョン。彼は「作品ごとに違うキャラクターを通して、僕が知らない世の中を間接的に体験できることは興味深く、そのため前作と異なるジョンヒ役が本当に面白い」と話した。実際の性格はジョンヒととても違うが、小心さの中に隠された自由奔放さを繊細にキャッチし、しっかり表現しようと努力しているそうだ。

毎回楽しく撮影しているというユン・サンヒョンは、結婚後初めてドラマで妻が出来た。妻のシム・ジェボク役のコ・ソヨンとの共演はどうだろうか。彼は「名前を聞くだけでもときめく万人の理想のタイプ、コ・ソヨンさんと共演できて本当に光栄」とし、「実際コ・ソヨンさんはサバサバとした可愛らしい性格だ。特に気楽に演技できるように配慮してくれる良い女優だ」と伝えた。

最後にユン・サンヒョンは「ありがたいことに、最近出演した作品がすべて反応がよかった。その機運をつないでいけるように努力している」と話した。続いて「ジョンヒとジェボクが夫婦として厳しい状況に置かれる過程に集中してみれば、より共感できる」とし、「厳しいこの時世に視聴者の皆さんが楽しく見られるドラマになることを期待している」と付け加えた。

「完璧な妻」は「花朗(ファラン)」の後番組として韓国で2月27日から放送スタートする。