岡山FW赤嶺真吾が左下腿部肉離れで全治4〜6週間

写真拡大

▽ファジアーノ岡山は6日、FW赤嶺真吾が左下腿部肉離れで全治4〜6週間と診断されたことを発表した。クラブによれば、赤嶺は2月2日の練習中に負傷した。

▽33歳の赤嶺は昨シーズン、ガンバ大阪から期限付き移籍で加入し、明治安田生命J2リーグ41試合4ゴールを記録。今シーズンより岡山に完全移籍を果たした。

▽これにより、赤嶺は26日に敵地で開幕する明治安田生命J2リーグ第1節の名古屋グランパス戦への出場が厳しくなった。