「KATE」のWEBムービーに出演している宮脇咲良

写真拡大

カネボウのメークブランド「KATE」のWEBムービー「絵画に隠されたヒミツ」が、KATE公式WEBサイトなどにて公開中。同ムービーに、HKT48・宮脇咲良が出演している。

【写真を見る】デッサン風に描かれた肖像画が、突然目を見開いた!

'97年の発売以来、10〜20代の女性を中心に幅広い世代から支持を集めるメークブランド「KATE」。20年の節目を迎えることし、メークの持つ無限の可能性を表現したWEBムービーが制作された。

その第1弾である「絵画に隠されたヒミツ」は、目を閉じた絵画のモデル(宮脇)が実は生身の人間で、途中から彼女が動きだすことで、特殊メークによる視覚的なトリック映像だったことが分かるという、サプライズムービーとなっている。

静かに目を開けたモデルが額縁から飛び出すと、メークアップされた美しい女性へと変身。生命を吹き込まれた宮脇が躍動し、クールにポーズを決める印象的なシーンが展開される。

化粧品ブランドのキャラクターを務めるのはこれが初めてという宮脇だが、自身も「メークを始めた頃からのKATEユーザー」というだけあって、クールでシャープな「KATE」の世界観にマッチした姿を披露。普段とはひと味違うその表情にも注目だ。

今回のムービーの「絵画に描かれたモデルが、生身の人間として動きだす」という斬新なアイデアを実現したのは、映画「進撃の巨人」「シン・ゴジラ」などを手掛けた特殊メークアーティスト・JIRO。

絵画のシーンでは、鈍い光りを放つアイシャドーの色味を引き立たせるため、基本のペイントをモノトーンで描いただけでなく、タッチもあえてラフにすることで、リアルになり過ぎずどこか絵画っぽさを残した、絶妙のトリックアートに仕立てている。

そんなメークにかかった時間は実に4時間だという。JIROがデッサン調のタッチで、3時間ほどかけて基本のボディーペインティングを施し、さらに微調整すること1時間。

特殊メークが完成した宮脇が額縁に収まると、モニター越しの映像では本当の絵画のようにしか見えず、周りのスタッフから大きなどよめきが起こっていた。

撮影を終えて、宮脇は「やっぱり特殊メークに驚きました。JIROさんとは、AKB48の『ハロウィンナイト』という曲でご一緒したことがあるんですけど、私が絵の中にいるのがうそみたいで、アートってすごいなと。

トリックは分かっているのに、近くで見ても本当のデッサンにしか見えなくて、自分でも不思議な気持ちになりました。特に目をつぶって動かないと、より絵画っぽく見えるというか。とても貴重な体験でしたし、アイドル活動とは全く違うお仕事だったので、新鮮で楽しかったです」と感想を。

今回のムービーでお気に入りのシーンを聞かれると、「額縁を倒して、フレームから出てくるところが私のお気に入りです。そこから生身の人間に変身していくというシーンがすごく格好良く撮れたので、ご覧になる皆さんも楽しみにしていてください」とアピールした。

ムービー後半の“ビューティーカット”については、「すっごく緊張していたので、撮り直したいぐらいです(笑)。ガッチガチだったんですよね、今思うと。

普段の撮影は、アイドルとしてかわいく映ることを意識していますが、今回は“キレイにカッコよく”をテーマにしていて、いつもの私とは全然違う印象になったんじゃないかなと思います。クールビューティーなKATEの世界観に、少しでも近づけるよう頑張りました」と振り返った。

自身のメークのこだわりを尋ねると、「薄く見えるけど、締めるところは締める。アイメークはもちろん、ベースメークにも力を入れています」と告白。

さらに「私はお仕事の時も基本的に自分でメークをしていますが、歌番組とかは照明の当たり方ひとつで、見え方が全然違ってくるので、メンバー全員、リハーサルの映像を何十回もチェックして、本番ではここにアイラインを足してみようとか、考えてメークしています」と、意外なメーク事情を明かした。

今後挑戦してみたいメークについて、宮脇は「いつもの自分じゃないみたいなメークに挑戦してみたいですね。特殊メークもそうなんですけど、メークって可能性がたくさん詰まっていて。

私自身、女の子に生まれてつくづく良かったなって感じるのが、思う存分メークできるところ。最近よりメークに興味が湧いてきたので、これからもいろんなメークに挑戦できたらなと思います」と語った。