写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは、Windows 10のUWP (ユニバーサルWindowsプラットフォーム) 化を着実に進めている。次期大型アップデート「Windows 10 Creators Update」では、UWPアプリケーションとして「Windows Defenderセキュリティセンター」を用意。将来的には、「コントロールパネル」を廃止して、各種設定をUWPベースの「設定」に統合する計画だ。

直近のWindows 10 Insider Previewでは、「トラブルシューティング」がUWP化されたので、今回は同ツールについて精査したい。

1月末にリリースされたWindows 10 Insider Preview ビルド15019では、「設定」の <更新とセキュリティ> に が加わった。コントロールパネルのトラブルシューティングツールは24項目を用意しているが、UWP版の同ツールは19項目。これはWindows Media Playerなど枯れたアプリや機能に対するサポートは不要という判断からだろう。

以下にUWP版トラブルシューティングツールの概要を紹介する。括弧内はトラブルシューティングの内容だ。

・Windows Update (Windowsの更新を妨げる問題)
・インターネット接続 (インターネットやWebサイトへの接続に関する問題)
・オーディオを再生する (サウンドの再生に関する問題)
・プリンタ (印刷に関する問題)
・Bluetooth (Bluetoothデバイスの問題)
・Windowsストアアプリ (WindowsストアアプリケーションおよびUWPアプリケーションに関する問題)
・オーディオの録音 (録音機能に関する問題)
・キーボード (キーボード設定に関する問題)
・ネットワークアダプタ (有線および無線LANデバイスの問題)
・ハードウェアとデバイス (各種デバイスの問題)
・ビデオの再生 (動画コンテンツ再生時の問題)
・ブルースクリーン (BSoDの原因と特定)
・プログラムの互換性に関するトラブルシューティング (古いデスクトップアプリ実行時に発生する問題)
・ホームグループ (ホームグループ上のPCおよび共有ファイルに関する問題)
・共有フォルダー (ネットワーク上の共有フォルダーにアクセスする際の問題)
・検索とインデックス作成 (インデックス機能およびデータベースに関する問題)
・着信接続 (着信設定とWindowsファイアウオールに関する設定に起因する問題)
・電源 (PCの電源設定に関する問題)
・音声認識 (Cortana利用時のマイクに関する問題)

ただし、現時点でトラブルシューティングツールはUWP化の第一歩を踏み出したに過ぎない。<トラブルシューティングツールの実行> ボタンから起動するのは、デスクトップアプリの同ツールだ。ただし、WinHEC 2015では、既存のWin32/COM APIをWinRT (Windows Runtime) APIへ順次置き換えていくと説明しており、同ツールがUWP化する可能性は非常に高い。

Windows 10 Creators Updateリリースまでの開発期間を鑑みると、UWP化は「Redstone R3 (開発コード名)」に持ち越されるはずだ。このように設定項目や各種機能のUWP化は「常に進化するWindows 10」の現れと言えよう。

ちなみに、Redstone 3以降はChromebookへの対抗策として、UWPアプリケーションのみ実行可能な「Windows 10 Cloud」が投入されると噂されている。Windows RTの再来という意見もあるが、詳細は2017年5月の開発者向けカンファレンス「Build 2017」で明らかになるだろう。

阿久津良和(Cactus)

(阿久津良和)