【詳細】他の写真はこちら

ボタン一つで、ラクラク翻訳!

海外旅行で自分の英語がうまく伝わるか、ドキドキしながら旅をした経験のある人は多いことでしょう。また、海外からやってくる旅行者でも日本語をきちんと勉強している方は決して多くありません。そんな状況でのコミュニケーションを円滑にすべく、スティック型の音声翻訳デバイス『ili(イリー)』とその法人向けサービス『ili for Guest』が発表されました。



株式会社ログバーが発表した『ili』は、ボタン一つしかないシンプルな本体が特徴です。このボタンを押して『ili』に向かって話せば、あなたの言語が任意の言語へと変換されてスピーカーから出力されます。これなら海外からの旅行者が日本で簡単な会話をしたり、逆に店舗の店員さんが外国人旅行者(インバウンド)に対応したりするなど、便利に使えそうですね。リリース当初に対応する入出力言語は、日本語、英語、中国語の3言語。2017年の夏頃には韓国語が追加される予定です。



『ili』利用時にインターネットへの接続が必要ない点も好印象。独自技術の瞬間翻訳と、旅行に特化した辞書を搭載することにより、最速0.2秒でのサクサクとした翻訳を可能にしています。話したい時にパッと取り出して気軽にコミュニケーションがとれそうですね。

また『ili for Guest』ではオリジナル辞書を追加するなどのカスタマイズも可能。よく使う単語(店舗名や商品名など)を登録しておけば、スムースに案内ができるはずです。さらにログシステムを利用すれば、よく利用した単語やフレーズがわかります。例えば「トイレ」という言葉が頻出していれば、トイレ関係の案内を充実させる……などの活用が思いつきますね!



『ili for Guest』は1ライセンス/1台あたり月額3980円にて、2017年6月からのサービス開始が予定されています。また、一般向けの製品も2017年内にリリース予定とのこと。

海外旅行は勉強よりも、やると決めたらすぐ行動する思い切りの良さが大事。『ili』はそんなあなたの勇気を後押ししてくれるガジェットになってくれそうです。

文/塚本直樹

関連サイト



プレスリリース(PR TIMES)

『ili』公式サイト

関連記事



東京メトロがあの『メガホンヤク』導入! メガホン型音声翻訳サービスで年末年始の混雑に対応

約193ヶ国語の文章を「なぞるだけ」でPCに取り込める魔法のペン

貼るだけで看板が多言語表示に!「XPANDコード」βサービス開始