チョンウ&カン・ハヌル出演「再審」韓国で2月15日に公開決定…目が離せない2人の魅力

写真拡大

映画「再審」が韓国で2月15日に公開される。

6日、映画「再審」(監督:キム・テユン) 側は、「『再審』が2月15日公開を最終的に確定した」と明かした。

「再審」は目撃者が殺人犯に変わったことで大韓民国を揺さぶった事件、がけっぷちに立たされた弁護士のジュニョンと殺人の濡れ衣を着せられて懲役10年の宣告を受けたヒョヌが真実を明かすために奮闘するストーリーを描いた映画だ。

公開確定記念で「再審」ポスターも公開された。今回スペシャルポスターには、チョンウとカン・ハヌルが殺人事件の顛末を把握し、濡れ衣を脱ぐために心を一つにする場面を盛り込んだ。ここに「入れ替わった犯人、10年間の悔しい濡れ衣」「真実を見つける最後のチャンス」というキャッチコピーは、切実な二人の男の物語を予告する。

さらに「再審」で繰り広げられるチョンウとカン・ハヌルの完璧な共演は、久しぶりに熱いヒューマニズムを提供する。

このように「再審」は韓国を揺るがした実話事件を基に、完璧な演技の主演俳優たちの熱演と、揺るがないストーリー展開を通して熱い感動を届けると見られる。