丈夫で撥水性の高いバリスティックナイロンを使用した新作3モデル

写真拡大

ビクトリノックス・ジャパンは、日本限定ビジネスバッグ「アーキテクチャー4.0モダン」シリーズの新作3モデルを2017年2月に発売する。ファスナーには開閉がスムーズになるように金属の角面に特別加工を施したYKK製を採用。耐摩耗性、撥水性に優れたネイビーカラーの1680Dバリスティックナイロン素材を贅沢に使用し、ハンドルなどにはレザーをバランスよく使い上質感を出したという。

定番、トート、バックパック

「ベルサイユ」(3万6000円、税別=以下同)はシンプルなデザインながら仕分け整理用の内ポケットが付いており、軽量かつ収納力を備えた定番モデル。

「ノートルダム」(3万9000円)は鞄のマチ幅をスナップボタンで調整でき、スリムなトートバッグにも24Lの大容量トートバッグにもなる機能的なビジネストートモデル。

「カサミラ」(4万1000円)は3Wayブリーフケースモデル。ダブルコンパートメント仕様で15インチPCまで収まる緩衝材入りポケットを内蔵している。また、肩の負担を軽減するバッグパックスタイルは、長時間の持ち歩きにも役立つ。

全国のビクトリノックス・ショップ、ビクトリノックス取扱い百貨店などで販売。