写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ビースタイルは1月26日、「働く主婦の自己投資」に関する調査結果を発表。調査は2016年5月20日〜27日、ビースタイル登録者及び求人媒体「しゅふJOBパート」登録者の主婦999名を対象に、インターネットで行われた。

「自己投資の必要性」について問うと、主婦84.5%が「将来のために自己投資は必要だと思う」と回答。「何とも言えない」が14.5%となり、「必要だと思わない」という人は1.0%だった。

具体的な「自己投資の内容」としては、「本を読む」(55.0%)、「趣味や習い事に通う」(37.1%)、「資格取得のために勉強をする」(36.0%)が上位に挙がった。

「自己投資にかけている、あるいは自己投資にかけても良い金額」を聞くと、「1万円〜5万円未満」「5,000円〜1万円未満」が28.8%で同率1位に。また、「5万円以上」という人も2.2%見られ、59.9%が「5,000円以上」の金額を自己投資にかけても良いと思っている(かけている)ことがわかった。

「自己投資する目的」については、「自分に新しい可能性を発見したいため」(58.1%)が最も多かった。次いで「収入、キャリアアップのため」(57.8%)、「教養を身につけるため」(52.6%)と続いた。

(CHIGAKO)