【疑問】中古で「事故車」を買っても大丈夫か?

写真拡大 (全8枚)

避けたほうが無難だがきちんと修復されていれば街乗りなどでは問題ない

事故車は買っていいか? 結論から言えば、当然のことながら、避けたほうがいい。しかし、予算に限りがあったり、希少でなかなかタマが見つからないときは買ってもいいかもしれない。また往年のスポーツカーを今買おうとすると、「事故っていない車両なんてない」なんて言われることもある。

そもそも事故車とはどういった定義なのだろうか。まずは事故歴があるクルマであり、査定士の業界団体では修復歴という言葉を使っている。

これに該当するのはフレームやルーフ、フロアなどの骨格部分のダメージに対する修復で、これがあるとつまり事故車になるわけだ。つまりフェンダーを交換したなどは事故車にはならない。

もちろん一度事故をしてしまうと、完全に戻すことはできない。ただし、走る、曲る、止まるという基本が問題なくできるようには戻せはする。いい方は悪いが、フロントの骨格が曲っていても、サスペンションの取り付け部分が所定の位置にあり、アライメント数値は問題ないようにするのは可能だ。そのほか、さび止めがされているか。部品が外れていないかなど、確認部分はいろいろとはあるが、同様に問題ないレベルに修復できる。きちんと直っていれば、サーキットを走ったりなど手荒く使わなければ問題になることはないだろう。

しかし、最大の問題は「問題ないレベルにきちんと直してあるか」ということだ。この点は、そもそも事故車かどうかやメーター巻き戻しがされていないかということも含めて気になる。まずはなにはなくとも店選びだ。

ちなみに個人売買の場合はよほど見る目に自信があるような人でなければ見抜けないだろう。

最低限試乗をして異音や左右の曲がりに差がないかなどの確認は必要

お店で購入する場合、補修歴ありに関しては表示義務があるので、まずプライスボードに明記される。その上で、スタッフにどこがどうなったのかをきとんと説明してもらうこと。またできたら試乗もしたい。

そのうえで、真っ直ぐ走らない。ステアリングの切れが左右で違う。また異音がするなどの症状が出た場合は、避けたほうがいいい。もし直しますと言われても、一度組んでしまったクルマはバラバラにして調整するなどはかなり面倒なことだけに、結局無理なことがほとんどだ。

そしてさらに心配になるのは隠しているのではないかということ。つまり店選びの時点から疑心がある場合なのだが、最近、増えているのが中古車専門誌による第三者機関の査定だ。有料で行っているもので、実際に受けたことがある店によると「こんなことまで問題にするのか」というほどシビアという。

このシビアな査定の結果、鑑定書が発行され、個々の物件に表示している店も多いので、これを目安にすると安心だ。また繰り返すが、事故車とわかって買うなら、完全に納得してから。問題なければ、安く買えるわけで、ハナから完全毛嫌いする必要もないと思う。