写真提供:マイナビニュース

写真拡大

スペースデザインは3月、東京都渋谷区神南にて「BUREAU Shibuya(ビュロー渋谷)」を開業する。

同社は、1カ月間から滞在できるサービスアパートメント"BUREAU(ビュロー)/B-SITE(ビーサイト)"シリーズを運営しており、国内外のゲストに向けたサービスを展開している。インバウンド需要は増大しており、民泊新法成立に向けて不動産業界の動きも活発な中、今回は、渋谷駅エリア初のサービスアパートメントを渋谷区神南にてオープン。同物件は、渋谷駅徒歩8分に立地する新築物件となる。渋谷駅のみならず、代々木公園や明治神宮、原宿エリアも徒歩圏内とのこと。

単身者向けの部屋のほか、カップルや友人同士の滞在にはゆったりとしたスタジオタイプを、ファミリーでの滞在であれば2LDKタイプを用意。ゲストのニーズに合わせて、数種類の部屋タイプから選択可能となる。室内はシンプルかつ機能的な家具家電、BS/CS放送、Wi-Fiが備えられており、加えて24時間対応のバイリンガル(日英)ホットラインサービスといった、同社ならではの便利なサービスを提供する、としている。

完工は2016年11月を予定しており、部屋戸数は37戸。構造・規模は、RC造/地上10階となる。無料サービス・設備として、入居者専用24時間バイリンガルホットライン(日英)・水光熱費/退去清掃費/(リネン・寝具手配サービス有)・有線LAN/Wi-Fi設置・電話回線(基本料無料)・BS/CS放送(多言語チャンネル)・キッチン&家具家電/調理器具/食器を用意する。

(エボル)