中国で長期連休となるたびに多くの中国人が日本を旅行で訪れるようになったが、日本のどのような点が中国人を惹きつけているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人女性の見解として「中国人が日本旅行に行く理由」を考察する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国で長期連休となるたびに多くの中国人が日本を旅行で訪れるようになったが、日本のどのような点が中国人を惹きつけているのだろうか。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人女性の見解として「中国人が日本旅行に行く理由」を考察する記事を掲載した。

 記事が紹介しているのは、20代前半と見受けられる中国人女性の見解だ。「中国人が日本を訪れる理由」と伝えているものの、どちらかと言えばこの中国人女性が「日本を好きな理由、日本に行きたくなる理由」と表現したほうが適切かもしれない。

 記事は、「日本を訪れたことのある中国人に共通する不思議な事象」として、「2回、3回、4回と繰り返し日本を訪れるようになること」と伝え、一度でも日本を訪れると日本旅行のリピーターになってしまうと主張した。

 続けて、中国人をリピーターに変えてしまう日本の魅力として、まず「清潔さ」を挙げた。これは日本を訪れた中国人が口々に称賛する点でもあるが、「ゴミ1つ落ちていない光景はそれだけで高ポイント」と主張。せっかく旅行で訪れた場所がゴミだらけだったとしたら非常に落胆してしまうだろうが、日本は清潔で気持ちよく、「旅行気分が削がれることなく、むしろ盛り上がる」と伝えている。

 また、中国人にとってショッピングは海外旅行における主要な目的の1つだが、記事は「日本は物価が安いうえに品質も良い」と指摘し、欧米ブランドの製品も欧米で買うより安い場合があると伝え、「騙される心配もなく、満足いくまで買い物を楽しめる」環境を称賛した。

 さらに記事は、日本では賞味期限が短く設定されており、その管理も厳格であるため「新鮮な食べ物を口にすることができる」と伝えた。この中国人女性はもとから日本食が好きであるようだが、「海産物や牛肉などで名高い日本食を求めて訪日する中国人」は決して少なくないことを指摘した。

 中国人が日本に惹かれる理由は人それぞれかも知れないが、「一度でも日本を訪れると日本旅行のリピーターになってしまう」のであれば、それだけ日本旅行には確固たる魅力があるということだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)